短刀 延寿宣利作
(えんじゅのぶとしつくる)

明治三年三月日


Tanto:EnjuNobutoshi



新々刀・肥後 明治期
拵え入り
保存刀剣鑑定書付き




刃長:22.9(七寸六分弱) 反り:僅か 元幅:2.37 元重ね:0.70 穴1



 平造り 庵棟やや低目。 鍛え、やや黒みのある地鉄に、小杢目肌が地景を交えて細かに肌立つ鍛えで、地沸付き、地鉄良好。 刃文、直刃を破綻なく焼いており、刃縁に細美な小沸を付け、やや匂い勝ちで、匂い口潤むように明るく締まり気味となる。 帽子、直調で小丸に深く返る。 茎生ぶ、先浅い栗尻、鑢筋違い。 銅に銀着せハバキ。 時代研磨(小サビ、ヒケ有り)。
 合口肥後拵え(幕末期 全長38.5  鞘 螺鈿地に赤の線変わり塗り、下げ緒通し穴骨 柄 黒檀、目釘通し穴骨、金具類は全て肥後の一作、鉄地に金象嵌、小柄馬針、返り角も同様)入り。



【コメント】
 宣利は武永喜三郎と言い、文政九年、宣勝の子として生まれました。七百年続く延寿鍛冶の末裔であり、熊本藩工として、父宣勝と共に活躍しました。美作国多田正利門人で、後に江戸へ出て、細川正義にも学んだ父の技を継承しています。初め氏利と銘じ、作刀期間は、嘉永から明治初期頃まで、明治二十三年、六十五歳で没。
 本作は明治三年、同工四十五歳の頃の作、やや黒みのある地鉄に、小杢目肌が地景を交えて細かに肌立つ鍛えで、伝統の直刃を破綻なく焼いており、刃縁に細美な小沸を付け、やや匂い勝ちで、匂い口潤むように明るく締まり気味となっています。少し茎に荒れが見られますが、地刃は良く鍛えられており、見応えがあります。現状ヒケ、小サビが見られるので、ピシッと研いで、白鞘に入れて頂きたいと思います。
 外装は幕末期肥後合口拵え、鞘は螺鈿散らし鞘に朱の変わり塗り、金具も肥後の一作で、神吉楽寿を思わせるような上質な鉄金具、馬針、小柄もピシッと揃って、目釘などの通し穴は、骨で作ったこだわりの逸品です。貴重な生ぶの肥後外装だけでも、かなりの価値がありますので、鑑定へ出すのも良いでしょう。
 延寿宣利の地刃冴える短刀、同派の最後を飾るに相応しい佳品で、素晴らしい肥後外装と共にお楽しみ下さい。 












商品番号:L-664 短刀 延寿宣利作 保存刀剣鑑定書付き 拵え入り

価格: ¥880,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

月刊コレクション情報
2018年4月号
(3
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ