重要刀剣
左安吉・来国光・備前國新田庄親次・備前國新田庄保則・相州住廣次・固山宗次・千手院 他
特別保存・保存刀剣など
来国俊・信秀・一竿子忠綱・繁慶・井上和泉守國貞・津田越前守助廣・津田近江守助直・肥前國忠吉(初代)・近江守法城寺正弘
和泉守兼定(之定)・三池・延寿・尻懸・石州貞綱・古三原・直江志津兼延・了戒重能・月山貞吉貞一合作刀・伊賀守金道・勝村徳勝・松軒元興・備州長船宗光
備州長船師光・土佐吉光・宮本包則・月山貞勝(御賜短剣) 他多数

現代刀
月山貞一・月山貞利・大野義光・三上貞直・瀬戸吉廣・八鍬靖武・二十七代兼元 居合・抜刀用刀剣、刀装具など、他多数


 


小柄 鳥鷺図
銘:以英一蝶図彫鐫
大龍斎光興(花押)


Kozuka:SagiZu


江戸後期 保存刀装具鑑定書付き




縦96.2mm 横13.3mm 厚4.3mm



【コメント】
真鍮磨地 肉合彫 平象嵌
京都金工、「大月派」の家名を大いに上げた名手、光興の小柄です。
大月光興は喜八郎と称します。山城屋を家号とし、先代光芳の子として明和三年(1766)に京都で生まれました。三十余歳で江戸に下り、寛政から享和の頃にかけて同地で修行。光興は彫技の名手であるだけでなく、絵画を岸駒に学び、また円山派などの筆法を取り入れ、長沢蘆雪など当時の有名画工の影響も受け、下絵も自ら描いています。活躍した時代は長常や正楽より少しおくれますが、この二工とともに愛好家の間では「関西金工の三傑」と賞されています。
こちらの小柄は、光興の晩年作。完成された光興の感性が余すところなく表現されている、名品です。 木片に停まる二羽の鳥が、真鍮磨地の上に垢抜けたデザインで配置されており、一見単純に見える嘴や目の彫りは見事、強い主張のない作風の中に潜む大胆さに、心が打たれる名品です。 
保存刀装具鑑定書付。落とし桐箱入り










商品番号:T-152 小柄 鳥鷺図  銘:以英一蝶図彫鐫 大龍斎光興(花押) 保存刀装具鑑定書付

価格: ¥650,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

月刊コレクション情報
2017年12月号
(11/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ