重要刀剣
左安吉・来国光・備前國新田庄親次・備前國新田庄保則・相州住廣次・固山宗次・千手院 他
特別保存・保存刀剣など
来国俊・信秀・一竿子忠綱・繁慶・井上和泉守國貞・津田越前守助廣・津田近江守助直・肥前國忠吉(初代)・近江守法城寺正弘
和泉守兼定(之定)・三池・延寿・尻懸・石州貞綱・古三原・直江志津兼延・了戒重能・月山貞吉貞一合作刀・伊賀守金道・勝村徳勝・松軒元興・備州長船宗光
備州長船師光・土佐吉光・宮本包則・月山貞勝(御賜短剣) 他多数

現代刀
月山貞一・月山貞利・大野義光・三上貞直・瀬戸吉廣・八鍬靖武・二十七代兼元 居合・抜刀用刀剣、刀装具など、他多数


 


脇差し 銘:長曽祢興里入道乕徹
(ながそねおきさとにゅうどうこてつ)


Wakizashi:NagasoneOkisatonyudoKotetsu



刀・武蔵 江戸前期
最上作 最上大業物
特別保存刀剣鑑定書付き
探山先生鞘書き付き




刃長:51.2(一尺六寸九分弱) 反り:1.0 元幅:3.23
先幅:2.13 元重ね:0.73 先重ね:0.51 穴1




 鎬造り、鎬低目庵棟尋常、中切っ先。表に火焔不動、裏に真の倶利伽羅の彫り。 鍛え、小板目肌良く詰み地沸え地景付き地鉄良最良。 刃文、大小互の目の連れた瓢箪刃風の刃、互の目の出入りが少ない数珠刃風の刃を織り交ぜて匂い深く明るく砂流し掛かる。 帽子、湾れ込んで丸く返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢勝手下がり。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代最上研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 最上作にして最上大業物、長曽祢乕徹『いおき入道ハコトラ銘』、寛文七年頃、大成期の名作、自身彫りではないものの、表裏の火焔不動、真の倶利伽羅は、記内系彫り師の作と鑑せられる入念作です。
乕徹と言えば、刀を知らない人でもその名が出てくる有名人、その知名度からすれば、相州正宗、源清麿と並ぶ『日本三大名工』と言っても過言ではありません。生國越前と云い、元来は甲冑師でしたが、『長曽祢興里入道乕徹 本國越前住人至半百居住武州之江戸・・』と刻された作が残されていることからも分かるように、五十歳(至半百)を過ぎた頃に江戸へ出て、刀鍛冶へ転向しました。
その師に関しては、作風、茎仕立てなどからしても、和泉守兼重が最有力です。生年は不明ですが、同工現存作では明暦二年(一六五六年)年紀の脇差しが最も古いとされていますので、明暦の初めに江戸へ出たと仮定すると、逆算して慶長十年(一六〇五年)頃の生まれとなります。延宝六年(一六七八年)没。年紀の上限は明暦二年、下限は延宝五年になります。
虎徹の銘振りは製作年代によって変化を見せます。明暦二年から万治三年(一六六〇年)頃までは、『興』の字が『奥』のような字体となる『奥里虎徹』、万治四年頃から、『虎』の文字の最終画を上部に跳ね上げる、『奥里ハネ虎銘』、寛文元年(一六六一年)頃から『興里ハネ虎銘』、寛文四年八月からは、『虎』の文字が『乕』になり、『興』の最後の二画が『い』の字になる、『いおき入道ハコトラ銘』、晩年の延宝二年頃からは『興』の最後の二画が『ハ』の字になる、『はおき入道ハコトラ銘』も見られるようになります。このように銘の変遷があるにも関わらず、『虎徹とみたら偽物と思え』との格言があるぐらい、当時から偽物が多く存在しました。刀鍛冶としての作刀期間が短いため、現存する作は、二百振りに満たないとも云われています。
本作は年紀がありませんが、銘振りより寛文七年頃の作になります。常よりも身幅しっかりとした造り込みで、大小互の目の連れた同工特有の瓢箪刃、互の目の出入りが少ない数珠刃を織り交ぜて匂い深く焼いています。同工の刃文は前期の瓢箪刃から、後期は数珠刃へ移行して行きますが、本作は正にその過渡期にある出来を示しています。匂い口明るく冴え渡る様は流石であり、鍛えも良く詰んで細美な小沸が無数に付いています。虎徹の地刃の明るさと冴えは、間違いなく新刀第一であると言えます。 同工は最上大業物に列せられるだけに、山野加右衛門永久、勘十郎久英親子による金象嵌截断銘入りの作をまま見受けますが、それに次いで見られるのが彫り物、同工は彫り物の名人でもあり、梵字、素剣、三鈷附き剣、倶利伽羅、不動明王、大黒天、風神雷神など意匠も様々で、脇差し、短刀に多く、その師に付いては、まだ甲冑師であった越前在住時に肥後大掾貞國に学び、更に江戸へ出てからも記内に学んだと云われます。貞國は越前下坂一派で記内門人、初代越前康継同人とも云われる名工です。故に乕徹の彫りのベースは記内彫りにあります。本作の火焔不動と真の倶利伽羅も見事な作で、乕徹らしい彫り口の深い、手堅く丹念な仕事が成されています。しかしながら、同工の自身彫りの場合、かなりの確立で『同作彫之』『彫物同作』『同彫之』と添銘がありますので、別人の可能性が高いでしょう。しかしながら、師と云われる肥後大掾貞國の作に、本作と全く同じ意匠の彫りがありますので、少なくとも江戸中期から後期までに記内系彫り師が施した作と鑑せられます。
言わずとしれた最上大業物、石灯籠の笠をも一刀両断したと伝えられる凄まじい斬れ味は、当時から大変な人気を博し、武人なれば乕徹を帯びることが最高の誉れとされました。本作は正に大成期を迎えた同工傑出の一振り、新刀随一の冴え、輝きを放つ地刃、記内彫りが華を添えています。これぞ天下一の名匠、長曽祢興里入道乕徹也!!

























【売約済】 商品番号:V-1537 脇差し 銘:長曽祢興里入道乕徹 特別保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

月刊コレクション情報
2017年8月号
(7/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!

<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


ネット限定商品は販売価格をぎりぎりまで下げてのご提供となりますので、初めてセット(手入れ具)は付属しませんのでご了承下さい。



カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

人気ランキング

ページトップへ