脇差し 大和住月山貞利彫同作(花押)
為福井忠憲氏 平成二寿三年三月吉祥日


Wakizashi:GassanSadatoshi



現代・奈良 無鑑査刀匠
自筆箱書き付き桐箱有り




刃長:39.6(一尺三寸強) 反り:0.6 元幅:3.74 元重ね:0.85 穴1



 平造り、庵棟尋常。表は珠追い昇り龍、裏は護摩箸に爪の自身彫り。 鍛え、緩みのない綾杉肌詰んで鍛え目に沿って厚く地沸え付き地鉄精良。 刃文、小沸出来の直刃調刃縁潤むように明るく刃中にまで綾杉鍛え絡む。 帽子、先掃き掛け返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢筋違い化粧掛かる。 銅に金着せハバキ。 上研磨充分。 白鞘入り。自筆箱書き付き桐箱有り。



【コメント】
 今人間國宝に最も近い刀匠、無鑑査月山貞利による秘伝綾杉鍛えの豪快な平脇差し、希少な自身彫りによる珠追い昇り龍、護摩箸に爪、自筆による箱書きを添えた専用桐箱付きの極上品です。
貞利は昭和二十一年、人間國宝月山貞一の三男として大阪に生まれました。父に学び、同五十年に新作刀展で高松宮賞を受賞して以来、文化庁長官賞、毎日新聞社賞、名誉会長賞、寒山賞などを複数回受賞、同五十七年には無鑑査に認定、平成七年、父没後は月山家の棟梁となり、同十五年に奈良県指定無形文化財保持者認定、伊勢神宮式年遷宮御料太刀を始めとする数々の奉納刀、米國ボストン美術館での刀剣展、月山記念館開設等々、八百年続く名門月山一派の棟梁として、一派の繁栄、刀剣界の発展に尽力する名工です。
本作は元幅3.74㎝、重ね0.85㎝の豪壮な平脇差し、同工六十五歳の頃の作、注文打ちの入念作です。伝統の秘伝綾杉鍛えは少しの緩みもなく、波のうねりのような肌合いに沿って地沸を厚くまとい、良く詰んで美しく整っています。匂い口潤むように明るく締まった美しい直刃は、地の綾杉が刃中にまで絡んで、多種に渡る沸の変化を示しており、見応え十分です。
余程の注文であったのか、表裏に近年ではまず見られない希少な自身彫りがあり、表は珠追い昇り龍、裏は護摩箸に爪を添えています。綾杉肌と相俟って、宝珠を掴まんとする躍動感のある昇り龍が、この身幅タップリの平地全面に表現されています。
家伝の綾杉鍛え、自身彫り、自らの技を遺憾なく存分に示した優品、地刃も完璧な状態で、自筆による箱書き付きの専用桐箱も付属しています。これは間違いのない逸品、お薦めです。















【売約済】 商品番号:V-1540 脇差し 大和住月山貞利彫同作(花押) 無鑑査刀匠

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年6月号
(5
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ