重要刀剣
左安吉・来国光・備前國新田庄親次・備前國新田庄保則・相州住廣次・固山宗次・千手院 他
特別保存・保存刀剣など
来国俊・信秀・一竿子忠綱・繁慶・井上和泉守國貞・津田越前守助廣・津田近江守助直・肥前國忠吉(初代)・近江守法城寺正弘
和泉守兼定(之定)・三池・延寿・尻懸・石州貞綱・古三原・直江志津兼延・了戒重能・月山貞吉貞一合作刀・伊賀守金道・勝村徳勝・松軒元興・備州長船宗光
備州長船師光・土佐吉光・宮本包則・月山貞勝(御賜短剣) 他多数

現代刀
月山貞一・月山貞利・大野義光・三上貞直・瀬戸吉廣・八鍬靖武・二十七代兼元 居合・抜刀用刀剣、刀装具など、他多数


 


脇差し 銘:繁慶
(しげよし・はんけい)


Wakizashi:Hankei



新刀・武蔵 江戸初期
最上作 良業物 拵え付き

保存刀剣鑑定書付き




刃長:42.5(一尺四寸強) 反り:0.7 元幅:2.81
先幅:2.10 元重ね:0.62 先重ね:0.51 穴2




 鎬造り、鎬高目庵棟低目、中切っ先。 鍛え、板目肌柾掛かり良く詰み地沸え良く付き地鉄良好。 刃文、広直刃基調小乱れ小沸え厚く付き簾刃風に砂流し掛かり匂い深く付く。 帽子、掃き掛け返る。 茎生ぶ、先刃上がり、鑢筋違い・逆筋違い。 銅に金着せハバキ。 研磨充分。 白鞘入り。
 時代脇差拵え(江戸期 全長71.5センチ 鞘、黒に変わり塗り鞘、こじり鉄地長鍬形小尻象嵌色絵龍図 下げ緒金茶 柄、鮫に黄なり色つまみ巻き、縁頭、赤銅魚子地据紋象嵌金点象嵌、目貫、赤銅容彫色絵武者に兜の図 鍔、素銅研磨地、据え紋象嵌色絵梅の図 小柄笄欠)



【コメント】
 謎多き天才鍛冶、繁慶『ル又』銘、同工晩年作脇差し、地刃に唯一無二の個性が際立つ同工ならではの相州伝がここに極まった感のある優品です。
 繁慶は野田善四郎清堯(きよたか)と言い、生国が三河であること、元々は鉄砲鍛冶で後に刀鍛冶へ転じたこと以外、生没年、動向などに付いての定説がなく、謎多き人物ですが、『繁慶鍛え』、『ひじき肌』と呼称される、同工特有の鍛えを示した烈しい相州伝で知られ、重要文化財に三口、重要美術品に六口を数える江戸初期の名工です。
 一説によると、繁慶は青年期に江戸へ出て、日本橋鉄砲町(現中央区日本橋本町)で幕府のお抱え鉄砲鍛冶を務めた、胝(あかがり)惣八郎に入門、後に将軍家の鉄砲鍛冶として重用され、慶長十二年(一六〇七年)、大御所となった家康と共に駿府へ移る。この頃駿府で鍛刀していたのが、越前康継、南紀重国、文珠包国(重国の兄)であり、同工はこれらに感化されて刀匠を志したと云う。これが慶長末年の頃で、その頃は鉄砲を鍛えつつ、『清堯』銘で鍛刀し、元和二年、家康が没すると再び江戸へ出て、八王子の下原照重、康重らに相州伝を学んだと云います。繁慶に謎が多い理由の一つとして、鉄砲には慶長十五年から元和九年(一六二三年)までの年紀作があるものの、刀剣類に年紀作がないためです。しかしながら、寛永元年(一六二四年)以降、鉄砲の作が見られないため、おそらくはこの前後に『繁慶』へ改銘、本格的な鍛刀を始めたと考えられます。銘振りは、鉄砲銘は『野田善四郎清堯』、『野田善清堯』、『日本善清堯』、刀銘は『繁慶』のみですが、重要文化財の奉納刀二振りに限って、『小野繁慶』と銘があります。
 同工の作風は、前述したように、大板目の肌立った鍛えに地景がうねる、『ひじき肌』と称される独特の肌合いを特徴としており、地鉄が弱いために、時折肌目に沿って割れを生じることがありますが、同工の場合、大和保昌鍛冶の『柾目割れ』と同様に欠点とは捉えません。むしろ個性であり、見所となります。稀に鍛えが大模様に荒びた風ではなく、詰まって綺麗な肌合いのものもあります。湾れに互の目を交えた焼き刃は、刃沸強く、金筋、砂流しが頻りに掛かり、匂い口が沈んで、地刃の境が判然としません。かつて自作の刀を本阿弥某が正宗と鑑定したことに憤慨したと云い、この自負心旺盛で、豪放不屈な性格によって、闇討ちに遭い没したとも云います。そんな同工が理想としたのは、やはり正宗を最高峰とする相州伝であり、中でも越中則重と同系の地刃の働きを示すため、地刃には新刀とは思い難い古調な感じが出ます。刃区、棟区も深く、茎先は『薬研(やげん)形』と呼ばれる極端に刃上がりのスタイル、鑢目は表筋違い、裏逆筋違い、茎棟は檜垣、銘切りも鏨銘ではなく、『すくい鏨』と呼ばれる彫り銘であること等々、何から何まで全てが異風、個性の塊と言えます。これも定説ではありませんが、一般的に『繁』の字の右上、『攵』部分を『ロ又』に切るのが壮年期、『ル又』に切るのが晩年期と言われます。
 本作は『ル又』銘、同工晩年作に当たります。茎仕立て、銘振りは正に掟通り、焼き幅が広いため、平地が狭いですが、やや黒みのある地鉄に、杢目交じりの大板目肌が大模様に強く肌立ち、波状の肌が流れ、地沸が厚く付いて、地景交じり、所々黒い大粒の荒沸が湯走り状を呈しています。これがいわゆる『ひじき肌』であり、硬軟取り混ぜた鋼を同工独自の配合で鍛えたと云います。裏は地沸の強さは同様ですが、表に比べて肌目が詰まって総体的に良く整っています。刃文は焼き幅を広く取った直湾れ調の刃取りで、刃中互の目、湾れ、丁字風など多種の焼き刃を交え、刃中砂流し、金筋が長く島状に掛かっており、刃縁は烈しく沸裂けて判然としません。確かに則重風ではありますが、この手の作域は繁慶の独壇場であり、何物にも紛れることのない繁慶風相州伝と言えるでしょう。繁慶は当然ながら作刀数が少なく、その中で状態良く保たれた物は更に少なく、頻繁に出回ることはありません。同工の地刃の特色が顕著に示された優品、オリジナルの時代拵えも、黒に金の変わり塗り鞘で程度が良く、飾って楽しめる上質な品です。




















商品番号:V-1563 脇差し 銘:繁慶 拵え付き 特別保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥2,350,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

月刊コレクション情報
2017年10月号
(9/22発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!

<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


ネット限定商品は販売価格をぎりぎりまで下げてのご提供となりますので、初めてセット(手入れ具)は付属しませんのでご了承下さい。



カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

人気ランキング

ページトップへ