刀 無銘(伝当麻友行)
(でんたいまともゆき)


Katana:DenTaimaTomoyuki



古刀・大和 南北朝期
第六十二回重要刀剣指定品
薫山先生並びに探山先生鞘書き有り




刃長:68.4(二尺二寸六分弱) 反り:2.0 元幅:2.87
先幅:1.95 元重ね:0.77 先重ね:0.47 穴3




 鎬造り、鎬高く庵棟低い。 鍛え、板目肌を主体とした鍛えは、地沸を厚く付け、流れ肌、地景を交え、細やかに肌立ち、地鉄良好。 刃文、互の目乱れ調の刃取りで、刃中小乱れ、小互の目が複雑に入り乱れ、沸足も繁く入り、金筋、砂流しが頻りに掛かり、匂い口も頗る明るく冴える。 帽子、湾れ込んでほつれ掛かり、先強く掃きかけ火焔風となる。 茎大磨り上げ、先切り、鑢切り。 銀に金鍍金ハバキ。 時代研磨充分。 白鞘入り。



【コメント】
 無銘(伝当麻友行)の重要刀剣、焼き刃の健やかさ、刃中の華やかで多彩な働きは、同派並びに同工中の白眉と言える名品です。
 当麻鍛冶は、二上山(にじょうざん)の麓、大和国北葛城郡当麻(現奈良県葛城市当麻)にある、当麻寺に従属していた鍛冶集団で、鎌倉後期の正応(一二八八~九二年)頃の年代と伝える国行を祖とし、以降南北朝期に掛けて活躍、門下には友行、友清、友長、友綱、国清、長有俊、有法師などいますが、在銘現存作は極僅かです。同派に於いては、特に無銘極めの作に、直刃調で刃中金筋などの沸の働きが烈しく、地景を交えた板目がうねるなど、相州伝気質の強いものが多く見られるのも一つの特徴で、一見すると、相州行光辺りに紛れる作も見られます。
 本作は寸法二尺二寸六分弱、ふくらの枯れた切っ先延び心、鎬の高い造り込みで、無銘ながら『伝当麻友行』と個銘まで極めています。銘鑑によると、友行は鎌倉後期から室町初期頃まで、同銘が数人挙げられていますが、本作は鎌倉末期から南北朝中期頃に活躍した友行の作と鑑せられます。始祖国行の孫、友清の子、友綱の弟に当たり、兵衛尉と称しました。
 板目肌を主体とした鍛えは、地沸を厚く付け、流れ肌、地景を交え、細やかに肌立ち、焼き刃は互の目乱れ調の刃取りで、刃中 小乱れ、小互の目が複雑に入り乱れ、沸足も繁く入り、金筋、砂流しが頻りに掛かり、匂い口もすこぶる明るい出来を示しています。帽子も先が強く掃きかけて火焔風となるなど、造り込み、地鉄、帽子は、大和物として疑う点はありませんが、刃の出来だけは、当麻とは思い難い程、兎に角、刃が良く働いています。しかしながら、実に変化に富んだ素晴らしい焼き刃です。古来より無銘大和物と見て、刃が他の四派にないくらい良く乱れているものには、千手院の極めを当てることが慣例とされます。しかし鞘書きにもあるように、薫山先生も『伝当麻友行』と極めを付けています。その根拠を探った所、探山先生に鞘書きして頂いたように、『古刀銘尽大全』などの古伝書には、『当麻派中、友行ニハ、千手院ノ如クナル刃アリ。』と、正に本作の裏付けとなるような記述があることが分かりました。これ程刃中が賑やかに烈しく働いた当麻は珍しく、焼き刃の健やかなることこの上なしと言うくらい、刃がしっかりと残っており、刃が染みるような箇所は全く見られません。
 当麻友行の一作風を示した貴重な現存作、永らく愛刀家の収蔵品であったため、平成二十八年度の重要刀剣指定品となっています。資料的価値もすこぶる高い、 地刃健全な優品です。














商品番号:V-1620 刀 無銘(伝当麻友行) 第六十二回重要刀剣指定品 薫山先生並びに探山先生鞘書き有り

価格: ¥2,800,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年1月号
(12/18発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ