重要刀剣
左安吉・来国光・備前國新田庄親次・備前國新田庄保則・相州住廣次・固山宗次・千手院 他
特別保存・保存刀剣など
来国俊・信秀・一竿子忠綱・繁慶・井上和泉守國貞・津田越前守助廣・津田近江守助直・肥前國忠吉(初代)・近江守法城寺正弘
和泉守兼定(之定)・三池・延寿・尻懸・石州貞綱・古三原・直江志津兼延・了戒重能・月山貞吉貞一合作刀・伊賀守金道・勝村徳勝・松軒元興・備州長船宗光
備州長船師光・土佐吉光・宮本包則・月山貞勝(御賜短剣) 他多数

現代刀
月山貞一・月山貞利・大野義光・三上貞直・瀬戸吉廣・八鍬靖武・二十七代兼元 居合・抜刀用刀剣、刀装具など、他多数


 


刀 美濃国直江志津(無銘)
(みののくになおえしず)


Katana:MinonokuniNaoeshizu



古刀・美濃 南北朝中期
第二十五回重要刀剣指定品
薫山先生鞘書き有り
『鑑刀日々抄』所載品
拵え付き{外装と鐔(甚吾)に特別貴重認定書付き}




刃長:63.5 (二尺九分強) 反り:0.9 元幅:3.27
先幅:2.71 元重ね:0.79 先重ね:0.60 穴2




 鎬造り、鎬庵棟尋常、大切っ先。 ハバキ上から切っ先付近まで鎬地を削ぐ。 鍛え、地沸を微塵に厚く敷いた板目肌は、僅かに柾心があり、上品に肌立ち、  肌目に沿って無数の地景がうねり、鎬地には強い柾が流れ、地鉄精良。 刃文、直湾れ調の焼き刃は、刃縁沸匂い一際深く、所々ほつれ、二重刃風となり、刃中小互の目足、小足、金筋、砂流し掛かり、匂い口すこぶる明るい。 帽子、湾れ調で大丸風となり、先尖り風に掃き掛け返る。 茎大磨り上げ、先切り、鑢浅い勝手下がり。 銅に金着せハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
 打ち刀拵え(幕末期 全長94.5センチ 柄長22センチ 鞘 黒艶石目地、長こじり斜め角形真鍮地毛彫 栗型鯉口角 下げ緒黒に紺の斑 柄 鮫に黒革漆塗り柄巻き 縁頭赤銅石目地、据紋象嵌色絵、毛彫菊花図 目貫、赤銅容彫蝸牛の図 鍔 鉄地長丸形透、透の周りに真鍮据紋象嵌)付き。



【コメント】
 直江志津(無銘)の重要刀剣、南北朝中期に於ける典型的な姿を示した豪快な一振り、地刃冴え渡る素晴らしい名品です。
 美濃国は鎌倉最末期に、大和国より手掻派の兼氏が来住し、志津(現岐阜県海津市南濃町志津)の地で一派を形成、相州正宗門人と伝わる兼氏は、この地で大和伝に相州伝を加味した新しい流派、『美濃伝』の基礎を築きました。兼氏死後、その門弟であった兼俊、兼友、兼延、兼次らが、志津から程近い直江(現養老郡養老町直江)の地に移住、この頃は南北朝期の両朝の争乱、美濃国土岐氏の内紛等によって、刀剣の需要が急速に高まった時期でもありました。これらの特需に応えた一派は、大いに繁栄しました。このように直江の地で活躍した兼氏の門弟達を総称して、『直江志津』と呼びます。同派の作風は、師伝を良く継承し、『美濃相州伝』と呼ばれる、覇気に富んだ作を多数残しており、加えて刃味も優れています。その全盛期は、南北朝初期建武頃から、室町前期嘉吉頃までとされます。
 本作は大磨り上げ無銘ながら、元幅3.27㎝、先幅2.71㎝、大切っ先で鎬高く、反り浅めの豪壮な造り込み、南北朝中期の典型的な延文貞治姿を示しています。鎬地を削いだスタイルは、一見薙刀直しにも見えますが、帽子が焼き詰めではなく返っており、図譜にも『刀』と記載していますので、元々こういうスタイルの刀であったことが分かります。通常薙刀直しは、刀に仕立て直す際、反りを伏せるために棟側を削ぐので、帽子は焼き詰めとなる場合がほとんどです。地沸を微塵に厚く敷いた板目肌は、僅かに柾心があり、上品な肌立ちを見せ、肌目に沿って無数の地景がうねり、鎬地には強い柾が流れています。直湾れ調の焼き刃は、刃縁の沸匂い一際深く、所々二重刃、ほつれを交え、刃中小互の目足、小足、金筋、砂流し掛かり、匂い口には輝くような明るさがあります。地肉、刃肉共にしっかりとして、研ぎ減り感が全く感じられません。志津系としては、穏やかな刃調ですが、地刃の冴え、沸の美しさ、研ぎは最上レベルと鑑せられます。薫山先生の鞘書きでは『志津』との極めを頂いており、『鑑刀日々抄』所載品です。その解説の中では、『地景と金筋に相州伝を良く表しており、柾気と砂流しに大和伝を示している点から、志津と鑑したく、また帽子が尖り風であることからすれば、左文字とも考えられる出来である』とあります。兎にも角にも、南北朝中期に於ける相伝系鍛冶の傑作であることに間違いはありません。付属の外装も幕末の渋い鞘に、黒革漆塗りの柄巻き、斜め角形の真鍮地鐺、鐔甚吾、縁頭は赤銅菊花図が付いています。昭和二十六年の登録証は、『香川い569番』の大名登録、これは必ずやご満足頂ける直江志津です。














商品番号:V-1640 刀 美濃国直江志津(無銘) 第二十五回重要刀剣指定品 薫山先生鞘書き有り 『鑑刀日々抄』所載品 拵え付き{外装と鐔(甚吾)に特別貴重認定書付き}

価格: ¥2,490,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

月刊コレクション情報
2017年12月号
(11/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ