脇差し 筑前国左国弘(無銘)
(ちくぜんのくにさのくにひろ)


Wakizashi:ChikuzennokuniSanoKunihiro



古刀・筑前 南北朝中期 拵え付き
第六十回重要刀剣指定品




刃長:31.0(一尺二分強) 反り:0.3 元幅:2.96 元重ね:0.61 穴2



 平造り、三ッ棟高い。 鍛え、板目、杢目、小板目、流れ肌を交えて総体的に肌立ち、地沸を全面に厚く敷いて、細かな地景が繁く入り、良く冴えて地鉄良好。 刃文、焼き刃に高低を付けた大湾れ乱れ調の刃取りで、刃沸がすこぶる強く、刃中金筋、砂流しが烈しく掛かり、刃縁はほぼ沸裂け、沸崩れ状となり、匂い口冴える。 帽子、乱れ込んで、先突き上げ風に尖り心となり、掃き掛け返る。 茎生ぶ、栗尻、鑢筋違い。 赤銅二重ハバキ(被せ部分は銅に銀着せ)。 時代研磨充分。 白鞘入り。
 小さ刀拵え(幕末期 全長47センチ 鞘 木彫風刻み焦げ茶鞘 小柄、赤銅魚子地据紋象嵌枝垂れ桜図 笄、四分一地据紋象嵌桐図 こじり、赤銅研磨地 返り角、赤銅金象嵌桜図 栗型、鯉口、瓦金、角 柄 親鮫に茶の蛇腹巻 縁頭、無銘赤銅地据紋象嵌桐に狐の図 目貫、赤銅地据紋銀桜図 鍔 無銘喰出形、赤銅研磨地鋤出し彫、僅かに金布目象嵌宝袋図)付き。



【コメント】
 筑前国左国弘(無銘)の重要刀剣、左文字一派にあって、放胆で覇気溢れる出来を示す同工の会心作、南北朝中期に於ける、同派並びに同工の代表作と成り得る名品です。
 南北朝初期、筑前国には『正宗十哲』の一人である左文字が登場して、それまでの古典的な九州物の作風を打破、烈しい相州伝本位の垢抜けした作域を確立、その門弟達も、師風を受け継ぎ大いに栄えました。一門には、安吉、行弘、国弘、吉貞、弘行、弘安、貞吉、吉弘、定行などがおり、これらを総称して『末左』と呼んでいます。その作風は、師に良く倣い、湾れに互の目交じりの焼き刃を主調とし、刃中金筋、砂流し掛かり、刃縁にはほつれ、喰い違い刃、沸崩れ、板目に杢目、流れ肌交じりの鍛えが肌立ち、地景が繁く入るなど、地刃の沸の強さが一際目立ち、帽子の先は必ず尖り心となります。造り込みは、身幅の広い、南北朝期特有の力強い姿を示します。『末左』の極めに関して、近年の審査では、無銘で左一門の作と鑑せられる場合、『末左』とはせず、その出来によって差別化をし、出来るだけ個銘を入れる傾向があります。例えば、小湾れ、互の目、丁字、尖り刃交じりで、地刃に備前気質が見られるものには安吉、最も盛んに乱れたものには国弘、特に互の目が目立つものには弘安、穏やかな直刃調のものには貞吉などの極めが挙げられます。
 本作は生ぶ無銘、寸法一尺二分弱、三つ棟の造り込みで、身幅やや広く、僅かに先反りの付いた、南北朝盛期の典型的な平脇差しの姿を示しており、板目、杢目、小板目、流れ肌を交えて総体的に肌立つ鍛えは、地沸を全面に厚く敷いて、細かな地景が繁く入り、鉄が良く冴えています。焼き刃に高低を付けた、大湾れ乱れ調の焼き刃は、刃沸がすこぶる強く、刃中金筋、砂流しが烈しく掛かり、刃縁はほぼ沸裂け、沸崩れ状となり、帽子も乱れ込んで、先突き上げ風に尖り心となるなど、地刃に左一門の特色が顕現されており、生ぶ無銘ですが、『左国弘』と個銘を入れています。これは前述したように、近年の末左極め細分化の好例で、図譜にも、その旨が記載してあります。国弘には、在銘の現存作がほとんどありませんが、僅かに残された短刀在銘品に、正平十二年(一三五七)年紀の作があります。
 付属の外装は幕末期の小さ刀拵えで、木彫り風の焦げ茶鞘は、時代の良い風合いが出ており、金具は赤銅系で渋く、上品にまとめてあります。 
 左国弘作、烈しい相州伝地刃を示した会心の一振り、左文字の高弟が、その力量を存分に示した優品です。
















商品番号:V-1652 脇差し 筑前国左国弘(無銘) 第六十回重要刀剣指定品 拵え付き

価格: ¥2,900,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年7月号
(6
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ