刀 大阪住月山貞一精鍛之
明治三十五年八月日
(おおさかじゅうがっさんさだかずこれをせいたんする)


Katana:OsakajuGassanSadakazu



現代・大阪 帝室技芸員
特別貴重刀剣認定書付き




刃長:69.0(二尺二寸八分弱) 反り:1.2 元幅:2.56 元重ね:0.76 穴1



 小烏丸風造り、鎬高目庵棟低目。 表裏薙刀樋と添え樋をハバキ上で丸留め、上半棟側を削ぐ。 鍛え、やや黒みを帯び、無地風に良く詰んだ小板目は、柔らかな柾肌に、所々強い流れ肌を交えて、地沸良く付き、地鉄良好。 刃文、華やかな丁字乱れの焼き刃は、総体的に逆心があり、飛び焼きを交えて、刃中丁字足繁く入り、柔らかな金筋、砂流し掛かり、匂い口明るく締まって良く冴える。 帽子、乱れ込んで、先僅かに掃き掛け深く返る。 茎生ぶ、先急な刃上がり栗尻、鑢化粧筋違い。 銅に銀着せハバキ。 時代研磨(小サビ、ヒケ有り)。 白鞘入り。



【コメント】
 帝室技芸員月山貞一作、華やかで美しい備前伝丁字刃を焼いた小烏丸風太刀、同工円熟期の会心作、且つ何処にも出ていない大変生ぶい逸品です。
 貞一は月山弥五郎と言い、天保七年、近江国犬山郡須越村に生まれ、七歳の時に、月山弥八郎貞吉の養子となりました。十一歳の頃から鍛刀を学び、父を助け、父晩年には、代作代銘を数多くこなしています。奥州月山より継承する、家伝の綾杉伝の他、五ヶ伝を巧みにこなした同工は、明治九年の廃刀令後の不遇時代には、その素晴らしい才能を生かして、備前、相州上工等の写し物を数多く製作して生計を立てました。その腕前は古作を凌ぐとも言われ、無銘にされ、古作に紛れること多数とも云われます。言わずと知れた彫りの名人でもあり、月山派の作品に『刀匠彫り』という新境地を開拓、またその格調高い茎仕立て、銘振り、書体を完成させたのも同工です。明治三十九年には帝室技芸員を拝命、大正七年、八十四歳で没しました。
 本作は明治三十五年、同行六十八歳の頃の作で、菖蒲風の造り込みは、腰元に薙刀樋と添え樋、上半の棟側を削いだ、いわゆる小烏丸太刀風のしなやかな一振りです。やや黒みを帯び、無地風に良く詰んだ小板目は、柔らかな柾肌に、所々強い流れ肌を交えて良く詰み、匂い出来の華やかな丁字乱れの焼き刃は、総体的に逆心があり、飛び焼きを交えて、刃中丁字足繁く入り、柔らかな金筋、砂流し掛かり、匂い口明るく締まって良く冴えています。これぞ正に、同工の真骨頂と言える備前伝丁字刃ですが、特に本作は見事、登録証は昭和二十六年の京都登録、現状は五十年ほど前の古い特別貴重刀剣認定書が付属しているのみです。何処にも出てない生ぶい逸品、勿論、特別保存までは全く問題ありません。帝室技芸員月山貞一が、備前伝丁字刃を焼いた小烏丸風太刀の傑作です。














商品番号:V-1654 刀 大阪住月山貞一精鍛之 特別貴重刀剣認定書付き

価格: ¥1,800,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年2月号
(1/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ