脇差 備前国吉岡一文字(無銘)
(切付銘)水心子樋作之
(よしおかいちもんじ)
文政五年正月吉辰日(一八二二年)


Wakizashi:YoshiokaIchimonji



古刀・備前 鎌倉末期
第四十八回重要刀剣指定品




刃長:49.3(一尺六寸三分弱) 反り:0.9 元幅:3.18
先幅:2.11 元重ね:0.74 先重ね:0.43 穴5(内4埋)




 鎬造り、鎬庵棟尋常、中切っ先。 表裏棒樋を掻き通し、茎樋内に切付銘有り。 鍛え、小板目綺麗に詰んで、所々細かな肌立ちを見せ、沈み勝ちに柔らかな地景を交え、鎬地からは、刃文を反転させたかのような丁字風の乱れ映りが判然と立つ。 刃文、丁字乱れを主体に、小互の目、尖り風の刃を交えた刃文は、総体的に匂い勝ちで、刃縁に美しい小沸を付け、匂い口柔らかく明るい。 帽子、直調で大丸風となり、先僅かに掃き掛け返る。 茎大磨り上げ、先栗尻、鑢勝手下がり。 赤銅ハバキ。 時代最上研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 吉岡一文字(無銘)の重要刀剣、美しい丁字刃、判然と乱れ映り立つ備前鍛え、地刃健全で同派の典型を示した傑作、後年水心子正秀が、樋を入れた旨の切付銘も大変貴重な優品です。
 『一文字派』とは、古備前派に次いで現れた備前鍛冶の流派で、鎌倉初期から中期に掛けて繁栄したのが福岡一文字派、その最初期の刀工は、古一文字派と呼ばれました。次いで鎌倉末期から南北朝期に掛けて繁栄したのが、吉岡、片山、岩戸一文字派です。中でも吉岡一文字派は、吉井川左岸に位置する、吉岡庄(現岡山市東区瀬戸町万富付近)にて鍛刀したため、この呼び名があります。同派代表工としては、助光、助義、助吉、助次、助秀などが挙げられ、在銘品は僅少、前述のように、一派皆『助』の字を通字とする刀工が多く、またそれまでの福岡一文字には稀であった、『一』の字を添えて個銘を切る例も多く見られます。『一』の字は、御番鍛冶古一文字則宗が、後鳥羽上皇より賜ったとされる『天下一』を意味する称号であり、以降これに倣って、一文字各派の茎に刻まれるようになりました。『一』とは刀への贈り名であり、正に文字通り『天下一』、『最強』、『無敵』を表しています。同派の作風は、国宝指定の助光の生ぶ在銘太刀のように、福岡一文字に倣った、大模様で華やかな丁字乱れもありますが、多くはそこまで大模様とはならず、焼きの出入りがそれ程目立たない丁字刃を主体として、刃中互の目、尖り風の刃、逆掛かった刃が交じる出来となります。重要美術品指定の助義の短刀など、極稀に、直刃に足の入る穏やかな作もあります。
 本作は鎌倉末期、同派最盛期に於ける傑出の一振り、大磨り上げながら、身幅重ねのしっかりとした造り込みを示しています。丁字乱れを主体に、小互の目、尖り風の刃を交えた刃文は、総体的に匂い勝ちで、刃縁に美しい小沸を付け、匂い口柔らかく明るく焼いており、小板目が精良に詰んで、所々細かな肌立ちを見せ、沈み勝ちに柔らかな地景を交えた素晴らしい備前鍛えで、鎬地からは、刃文を反転させたかのような丁字風の乱れ映りが判然と現れています。地刃の冴えは、超一級です。
茎樋内には、水心子正秀が樋を入れた旨の切付銘がありますが、文政五年の正秀は、既に『天秀』と名乗っていた頃の最晩年に当たります。同工のこういった切付銘は、まず見られませんので大変貴重かと思われます。
 吉岡一文字とは言え、無銘脇差し、地刃の出来、状態が相当良くなければ、重要にはなりませんが、本作は一見新刀ではないかと思う程、地刃が綺麗で健全です。
 これが鎌倉末期、最盛期に於ける吉岡一文字の典型作、古作備前物としての見所満載、同派極め中、傑出の一振りです。
















【売約済】 商品番号:V-1657 脇差 備前国吉岡一文字(無銘) 第四十八回重要刀剣指定品 

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

月刊コレクション情報
2018年8月号
(7
/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ