刀 備前国福岡一文字(無銘)
(びぜんのくにふくおかいちもんじ)


Katana:BizennokuniFukuokaIchimonji



古刀・備前 鎌倉中期
第六十二回重要刀剣指定品




刃長:69.4(二尺二寸九分強) 反り:1.5 元幅:3.12
先幅:2.21 元幅:0.71 先幅:0.55 穴2




 鎬造り、鎬庵棟尋常、中切っ先。 表裏棒樋を掻き流す。 鍛え、小板目が細やかに上品に肌立った美しい地鉄は、地色明るく、所々波状に流れる肌合いが強く現れ、鎬寄りには、刃文をそのまま反転させたような丁子映り立ち、地沸厚く付き地鉄精良。 刃文、ふっくらとした大房丁子乱れ、腰のくびれた蛙子風の刃、足長丁子、小丁子乱れが、闊達自在に入り乱れ、刃縁には柔らかな砂流しが掛かって、匂い口明るく冴え、飛び焼き交じる。 帽子、乱れ込んで掃き掛け返る。 茎磨り上げ、先切り、鑢切り。 銅に金着せハバキ。 最上研磨。 白鞘入り。
 



【コメント】
 備前国福岡一文字(無銘)の重要刀剣、鎌倉中期、同派最盛期の華麗なる一文字丁子乱れの極上品、新刀のような地刃の健やかさを備えた不朽の名品です。
 一文字派は、鎌倉初期に興り、以後南北朝に掛けて福岡、吉岡、片山、岩戸の地に栄えて多数の名工を輩出しました。『一文字丁子』と呼称される乱れ刃を主体とした作風を展開し、特に鎌倉中期に於ける福岡一文字には、一段と華やかな丁子刃が見られ、後世に於ける丁子刃の手本となりました。同派の代表工には助真、吉房、則房などがおり、中でも助真は、後に相州鎌倉へ移住して、鎌倉鍛冶の開拓者になったと伝わることから、『鎌倉一文字』の呼称があります。また同工の最高傑作が国宝『日光助真』であり、秀吉没後、加藤清正が徳川家康に献上したと伝わり、現在は家康公の御霊が鎮座する、栃木県日光東照宮に所蔵されています。
 同派が一文字と呼ばれる所以は、茎に『一』と切ることに因りますが、『一』とだけ切るもの、『一』の下に個銘を切るもの、個銘のみの場合もあります。
 鎌倉期の鍛冶にとっての最高の栄誉は、後鳥羽上皇御番鍛冶にその名を連ねることでした。この御番鍛冶十二名の内、粟田口派から二名、青江派から三名、一文字派からは、それらを遙かに凌ぐ、最多の七名が選ばれています。これによっても、当時の一文字派の実力を伺い知ることが出来ます。
 本作は無銘ながら、福岡一文字と極められた一振り、鎌倉中期、同派最盛期に於ける、華やかな一文字丁子を焼いた同派の傑作です。小板目が細やかに上品に肌立った美しい地鉄は、所々波状に流れる肌合いが強く現れ、地景交じり、鎬寄りから、刃文をそのまま反転させたような、見事な丁子映りが立っています。ふっくらとした大房丁子乱れ、腰のくびれた蛙子風の刃、足長丁子、小丁子乱れが、闊達自在に入り乱れる、見事な丁子乱れを破綻なく焼いており、刃縁には柔らかな砂流しが掛かり、匂い口明るく冴え、地には飛び焼きが見られます。作刀から八百年近く経過したとは思えない地刃の健やかさには、唯々驚くばかりで、特に焼き刃は、元から先まで完璧な状態で、帽子も深々と焼きが入っており、まるで新刀を見ているかのような感覚に陥る程、健全です。研ぎも超一級、地艶、刃艶が違います。図説には、『刃中の働きも豊富で、刃境の景色に変化があり、とりわけ匂い口の明るさが特筆される一口で、福岡一文字刃の美点を存分に示している』と明記してあるように、これぞ福岡一文字と言える華やかな優品、近年、このレベルの健全さを留めた福岡一文字は、中々お目に掛かりません。自身を持ってお薦めします。


















【売約済】商品番号:V-1668 刀 備前国福岡一文字(無銘) 第六十二回重要刀剣指定品

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年10月号
(9
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ