脇差し 立子山住人将平作
(たつごやまじゅうにんまさひらつくる)
平成元年春 彫重義


Wakizashi:Tatsugoyamajunin Masahira



現代・福島



刃長:32.5(一尺七分強) 反り:0.3 元幅:3.16 元重ね:0.67 穴1



 平造り、三ッ棟高め。 鍛え、板目に杢目交じり、所々流れ心で地沸が厚く付き、細かな地景を配した鍛え、地鉄良好。 刃文、互の目乱れに湾れを交えた刃文は、刃縁良く沸付いて、金筋、砂流しが繁く掛かる。 帽子、湾れ込み先尖り風に掃き掛け深く返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢筋違い。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 将平は藤安正博と言い、昭和二十一年、福島県伊達郡川俣町に生まれ、十九歳の時に、長野の人間国宝宮入昭平に入門、昭和四十七年に作刀許可を受けると、昭和五十年には、福島市立子山(たつごやま)に鍛刀場を開設しました。新作名刀展では、会長賞、奨励賞、優秀賞など、入選多数の福島の名工です。元来その斬れ味には定評がありましたが、十年程前、某バラエティー番組内の検証実験で、『平成の侍』と謳われる剣術家某氏が、様々な太さの鉄パイプを見事截断した際に使用した愛刀が将平刀であったため、『平成のリアル斬鉄剣』として一躍世の脚光を浴びました。今や抜刀用の刀は入手困難となっています。
 本作は平成元年、同工五十三歳の頃の作、長船兼光に範を取った、相伝備前平脇差し、表裏樋内には、無鑑査柳村仙寿の高弟、佐藤重義が見事な彫り物を添えています。
寸法一尺七分強、三ッ棟の造り込みで、身幅しっかりとした雄壮な平脇差しで、板目に杢目交じり、所々流れ心で地沸が厚く付き、細かな地景を配した鍛え、互の目乱れに湾れを交えた刃文は、刃縁良く沸付いて、金筋、砂流しが繁く掛かって、帽子も尖り風に返るなど、南北朝期の兼光らしい出来映えです。
 彫り物は佐藤重義によるもの、重義は昭和三十四年生まれ、二十五歳の頃、柳村仙寿に弟子入りして彫技を学びました。師仙寿が平成三十年四月に亡くなった今、仙寿彫り真の継承者として名高い名工です。本作は同工三十歳の頃の作、角留め幅広の棒樋に、真の倶利伽羅と火炎宝珠を浮き彫りにするのは、師仙寿の真骨頂とも言われる意匠ですが、同工も師に負けず劣らずの彫技を見せています。また樋内に真の倶利伽羅を浮き彫りするのは、『国宝小龍景光』に代表される、備前彫りの王道でもありますが、地に直接彫るより何倍も困難な樋内浮き彫りを、細部に渡って丁寧に上品に仕上げています。
 近年は『平成のリアル斬鉄剣』作者として名高い藤安将平が、実用本位ではなく、鑑賞用美術刀剣としての古名刀写しに挑んだ渾身の一振り、佐藤重義の備前彫りが見事に華を添えています。金着せ二重ハバキがピシッと付いて、両名の代表作と成り得る優品です。










商品番号:L-816 脇差し 立子山住人将平作

価格: ¥648,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年10月号
(9
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ