刀 竹花一貫斎繁久彫同作
(たけはないっかんさいしげひさほりどうさく)
昭和五十五年六月吉日


Katana:Takehana Ikkansai Shigehisa



現代・埼玉
拵え付き




刃長:71.3(二尺三寸五分強) 反り:1.8 元幅:3.35
先幅:2.30 元重ね:0.77 先重ね:0.53 穴1




 鎬造り、鎬尋常庵棟低い、中切っ先。 表裏幅広の棒樋を丸留めにし、その下に表は梵字、火炎不動、裏は梵字、護摩箸、蓮台の自身彫り有り。 鍛え、総体的に良く詰んだ綺麗な小板目肌は、所々流れ肌が細かに肌立つ鍛えで、地沸良く付き、地鉄良好。 刃文、互の目乱れを主体とした刃文は、湾れを交えて、刃縁に荒沸付き、匂い深く、刃中長い互の目足繁く入り、匂い口も明るく冴える。 帽子、焼き深く湾れ込んで先丸く返る。 茎生ぶ、先浅い刃上がり栗尻、鑢切り。 銅に金着せハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
 打刀拵え(現代作 全長103センチ 新品 鞘 黒石目 下げ緒黒 柄 鮫に黒柄巻き 縁頭、銀地毛彫虎図 目貫、真鍮地容彫金象嵌、龍図 鍔 鉄槌目地木瓜形鋤出彫、僅かに金布目象嵌 笹に雀の図)付き。



【コメント】
 繁久は、竹花久司と言い、昭和二十四年生まれ、昭和四十七年、笠間一貫斎繁継高弟、酒井一貫斎繁政に入門しました。昭和五十四年、新作刀展覧会において初入選し、以後、薫山賞、優秀賞など多数受賞しています。一門の先達同様に『一貫斎』と号し、昭和五十八年、埼玉県比企郡滑川町に鍛刀場を開設しました。近年は、抜刀にて凄まじい斬れ味を発揮する業物刀作者、また玉鋼ナイフの作者としても有名で、埼玉を代表する人気刀匠です。
 長義に代表される相伝備前の乱れ刃を得意とし、その他の伝法、国宝、重要文化財など古名刀の写し行います。一貫斎一門伝統の彫り物も大変上手で、龍、不動明王などの濃厚な彫りもまま見受けられます。
 本作は昭和五十五年、同工三十一歳の頃の初期作、寸法二尺三寸五分強、身幅重ねのしっかりとした造り込みで、総体的に小板目の詰んだ綺麗な地鉄に、互の目乱れを主体とした刃文は、湾れを交えて、刃縁に荒沸付き、匂い深く、刃中長い互の目足繁く入り、匂い口も明るく冴えています。
 『彫同作』とあるように、表裏幅広の棒樋を丸留めにし、その下に表は梵字、火炎不動、裏は梵字、護摩箸、蓮台の見事な自身彫りが見られます。
 同工は先達の技を吸収するため、写し物なども積極的に行ったと云いますが、本作からは、刃文、刀姿は一竿子忠綱、彫り物の意匠、配置などは栗原信秀を意識した感が伝わってきます。初期作とは言え、果敢にチャレンジする姿勢が垣間見え、それが成功した好例かと思います。
 鍛錬、彫り物の技術だけでなく、現代の業物鍛冶としても認知され、今大変人気の竹花一貫斎繁久、貴重な初期作で彫り同作の入念なる一振り、外装も付属して是非とも押さえたい逸品です。
















商品番号:M-017 刀 竹花一貫斎繁久彫同作 拵え付き

価格: ¥780,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年12月号
(11
/22発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ