刀 大和柳生庄源貞弘造之
(やまとやぎゅうのしょうみなもとのさだひろこれをつくる)
昭和五寿九年七月吉日(昭和五十九年)


Katana:Yamato Yagyunosyo Minamotono Sadahiro



現代・奈良
拵え入り




刃長:71.0(二尺三寸四分強) 反り:2.4 元幅:3.58
先幅:2.68 元重ね:0.62 先重ね:0.45 穴1




 鎬造り、鎬尋常三ッ棟尋常、大切っ先。 表裏棒樋を掻き通す。 鍛え、板目がやや沈み勝ちに詰んだ鍛えは、所々大板目、流れ肌が肌立ち、細かな地景入り、地沸厚く付き、地鉄概ね精良。 刃文、湾れ互の目調の刃文は、刃中小互の目、丁子心の刃を交えて、沸足繁く入り、刃中煌めくような金筋、砂流しが掛かる。 帽子、小乱れて湾れ込み、先強く掃き掛け返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢化粧筋違い。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨。 
 一鐶吊海軍軍刀拵え(全長・104、柄・25.5 焦げ茶糸巻き 金具、真鍮地桜図 目貫、真鍮地金色絵桜図 鐔、真鍮地黒仕上げ卵形(切羽旭日大切羽を含む五枚) 鞘、艶消し青塗り木鞘 刀緒、茶紺)入り。



【コメント】
 貞弘は喜多弘と言い、大正十一年生まれ、奈良県生駒郡安堵村笠目(あんどむらかさめ)、現在の安堵町の出身で、昭和十四年に月山貞勝に入門し、同十八年に海軍省御用刀匠に任ぜられました。月山貞一の弟弟子に当たり、戦後は各種入選歴多数で、隣町である斑鳩町法隆寺近くに工房を構え鍛刀、昭和四十六年、奈良県無形文化財にも認定されました。
 相州伝、大和伝を得意とし、鎌倉期、南北朝期の名工、名物の写し物も数多く残しています。
 本作は昭和五十九年、同工六十二歳の頃の作、天下の名物、重要文化財『幅広貞宗』を見事現代に蘇らせた会心作です。本歌は貞宗作中、最も幅広で豪壮な姿故にその名が付いた一振りで、国宝『亀甲貞宗』、重要文化財『切刃貞宗』、『二筋樋貞宗』に並ぶ名物中の名物です。 
 大切っ先で三ッ棟の造り込み、元幅3.58㎝、先幅2.68㎝ありながら、重ねは薄めに仕上げるなど、正に南北朝盛期の大段平造りを示しています。
 板目がやや沈み勝ちに詰んだ鍛えは、地色明るく、所々大板目、流れ肌が肌立ち、湾れ互の目調の刃文は、刃中小互の目、丁子心の刃を交えて、沸足繁く入り、刃中煌めくような金筋、砂流しが掛かっています。
 金着せ二重ハバキが付いて、海軍太刀型の青鞘外装に入っています。保管用に白鞘を新調するのも良いでしょう。
 月山一門の巧手、喜多貞弘渾身の『幅広貞宗』写し、同工円熟期の代表作です。
















商品番号:M-108 刀 大和柳生庄源貞弘造之 拵え入り

価格: ¥598,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年12月号
(11
/22発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ