脇差し 肥前国住藤原忠廣(二代)
(ひぜんのくにじゅうふじわらのただひろ)


Wakizashi:Hizennokuniju Fujiwarano Tadahiro



新刀・肥前 江戸初期
大業物 拵え付き
特別保存刀剣鑑定書




刃長:46.0(一尺五寸一分強) 反り:0.8 元幅:3.12
先幅:2.21 元重ね:0.63 先重ね:0.42 穴1




 鎬造り、鎬尋常庵棟高め、中切っ先やや延びる。 鍛え、地沸を微塵に厚く付けた小板目肌は、地色明るく、細かな地景を織り交ぜ、地鉄概ね精良。 刃文、華やかな互の目丁子乱れは、刃縁に大粒の沸が付き、一部地にこぼれて湯走り状となり、匂い口ふっくらとして明るく、丸い飛び焼き交じる。 帽子、焼き幅広く沸付き、先強く掃き掛け返る。 茎生ぶ、先入山形、鑢切り。 銀二重風ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。 
 脇差拵え(江戸期 全長64.5センチ 鞘 茶の石目に所々螺鈿散らし、上部刻み黒の呂塗り 小柄、赤銅魚子地据紋象嵌金色絵獅子図 柄 親鮫に黒柄巻き 縁頭、赤銅魚子地据え紋象嵌金色絵獅子図 目貫、赤銅容彫金色絵、万年青の図 鍔 赤銅魚子地無模様銀覆輪)付き。
 



【コメント】
 忠廣は初代忠吉の嫡子として慶長十九年に生まれ、幼名を平作郎、後に父同様新左衛門と改めています。寛永九年八月、父の死に伴って、十九歳で二代目を相続、寛永十八年七月に『近江大掾』を受領、肥前橋本忠吉家二代目として、一族数十名を統率し、肥前刀王国の基礎を盤石なものとした立役者です。
 作刀期間は寛永から元禄まで六十余年、元禄六年、八十一歳没。
 作風は父同様、小板目詰んだ小糠肌に、伝統の肥前直刃をその真骨頂とし、稀に乱れ刃もあり、互の目を主体に湾れ、丁字の交じる出来、足長丁字風のものもあります。
 銘振りは、初期は『肥前国住藤原忠廣』、受領後は『肥前国住近江大掾藤原忠廣』、『肥州住近江大掾藤原忠廣』、『近江大掾藤原忠廣』となり、年紀作はほとんどありません。
 本作は寸法一尺五寸一分強、切っ先がやや延び心で、反り浅めに付いた地刃健全な一振り、本作に見られる『肥前国住藤原忠廣』銘は、初代晩年の寛永六年八月以降、同九年八月まで見られる、いわゆる『献上銘』、若しくは、寛永十年二月以降、同十八年七月まで見られる二代の初期銘に当たります。
 本作には年紀がありませんが、『藤』、『廣』の字体で二代銘であることが分かり、更に『原』の字の『小』の部分の二画目を右斜め上、『廣』の字の第一画目を左斜め上に跳ね上げるのは、寛永十年の作のみに見られる銘振りです。
 二代忠廣の初期銘の中でも、最も早い時期、初代が没した翌年、二代目としての歩みを始めたばかりの貴重な二十歳の頃の作となります。
 鎬に掛かる程華やかな互の目丁子乱れは、刃縁に大粒の沸がビッシリと付き、一部地にこぼれて湯走り状となり、匂い口ふっくらとして明るく、平地はほとんどスペースがありませんが、美しい小糠肌を鍛えています。
 その後六十年に及ぶ刀匠人生のスタートに相応しい、若さ溢れるはつらつとした逸品、豪壮無比な作ではありませんが、地刃美しく欠点のない逸品です。
 付属外装は、随所に螺鈿を散りばめた茶塗り鞘で、赤銅地獅子図の立派な小柄、縁頭など金具類も良質です。
 年紀なくとも寛永十年作と分かる貴重な銘振り、肥前刀コレクションに是非とも加えて頂きたい、近江大掾忠廣の最初期優品です。


















商品番号:M-112 脇差し 肥前国住藤原忠廣(二代) 特別保存刀剣鑑定書付き 拵え付き

価格: ¥798,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年3月号
(2
/26発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ