刀 伊勢国千子(無銘)
(いせのくにせんご)


Katana:Isenokuni Sengo(Mumei)



古刀・伊勢 室町後期
拵え付き
保存刀剣鑑定書付き




刃長:69.8(二尺三寸強) 反り:1.9 元幅:2.99
先幅:1.94 元重ね:0.69 先重ね:0.46 穴2(内1埋)




 鎬造り、鎬高め庵棟尋常、中切っ先。 鍛え、地沸を厚く付けた板目肌が、上品に肌立ちながら、所々波状に流れる肌合い、うねるような地景を交え、地鉄精良。 刃文、腰元に互の目に湾れを交えた乱れ刃、その上は直刃調となり、小沸出来で、匂い口が沈み勝ちに潤む。 帽子、直調でほつれ、先掃き掛け深く返る。 茎生ぶ、先浅い栗尻、鑢勝手下がり。 銅に金着せ太刀ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
 打ち刀拵え(近代作 全長104センチ 柄24.5センチ 鞘 黒の呂鞘 柄 親鮫に黒柄巻き 縁頭、赤銅魚子地据紋象嵌、鯱の図 目貫、素銅地容彫雨龍図 鍔 南蛮 鉄地高彫透、金布目象嵌、龍と鳳凰図)付き。
 



【コメント】
 千子一派は、棟梁である村正を筆頭に、現在の三重県桑名市東方町辺りで作刀したと云い、門下には正重、正真、正利などがおり、皆師伝を良く継承した作品を残しています。
 言わずもがな、村正の凄まじい斬れ味が、徳川家に禍をもたらし、妖刀、怪刀として恐れられ、徳川家に祟る刀として忌み嫌われたのは有名な話、故に反幕府勢力の者達には大変好まれ、銘を消したり、改ざんしたりして受け継がれています。
 山城の平安城長吉門人と云われる村正及びその門下の作風は、美濃伝に相州伝を加味したようなものが多く、湾れ、箱乱れ、矢筈乱れ、直刃でも腰刃を焼いたもの、中には之定風互の目乱れ、孫六兼元風三本杉なども見られます。また表裏の刃文が良く揃うのも特徴です。
 本作は生ぶ無銘、寸法二尺三寸、しなやかで美しい太刀風の造り込み、決して豪壮な姿ではありませんが、地刃はしっかりしています。茎裏には僅かに銘の痕跡がありますが、『銘不明』として『千子』と極めています。
 地沸を厚く付けた板目肌が上品に肌立ち、波状に流れる肌合いを交えて、所々うねるような地景を配した精良な鍛えを示しており、刃文は、腰元に互の目に湾れを交えた乱れ刃、その上は直刃調となり、小沸出来で、匂い口が沈み勝ちに潤んだ感じは、如何にも同派らしい斬れそうな雰囲気です。腰元のみ乱れを焼き、表裏で刃文が比較的揃う出来も極めのポイントになったかと思います。
 地刃健全で大きな疵なく、無銘極めとは言え、千子鍛冶の刀は貴重です。
 付属の外装は、縁頭は赤銅魚子地に鯱の図、南蛮鐔は金布目象嵌の龍と鳳凰図等を使用した中々良い作です。
 太刀造りを示した特注の美しい一振り、凄まじい斬れ味を誇る千子刀です。
















商品番号:M-122 刀 伊勢国千子(無銘) 拵え付き 保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥1,400,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年12月号
(11
/22発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ