脇差し 肥前国陸奥守忠吉
(ひぜんのくにむつのかみただよし)


Wakizashi:Hizennokuni Mutsunokami Tadayoshi



新刀・肥前 江戸前期
最上大業物 拵え付き
特別保存刀剣鑑定書




刃長:41.7(一尺三寸八分弱) 反り:0.7 元幅:3.02 元重ね:0.71 穴1



 菖蒲風造り、鎬尋常庵棟低め。 表には草の倶利伽羅、裏には梵字、腰樋に添え樋をハバキ上で角留める。 鍛え、小板目の良く詰まった小糠肌は、地色明るく、地沸を厚く付けて、所々流れ肌が強く肌立ち、地鉄良好。 刃文、僅かに湾れを帯びる直刃調の刃文は、刃縁に帯状の美しい沸が厚く付き、匂い口も潤み勝ちに明るく冴える。 帽子、直調で先僅かに掃き掛け小丸に返る。 茎生ぶ、栗尻、鑢極浅い勝手上がり。 銀ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
 合口風脇差拵え(江戸期 全長64.5センチ 鞘柄共に堅木造り こじり、鯉口、返り角、縁頭、栗型の全ては黒塗り 小柄笄、素銅魚子地据紋全体に金象嵌、這龍図 下げ緒、黒に焦げ茶の斑 目貫、素銅地容彫金象嵌、龍図)付き。
 



【コメント】
 陸奥守忠吉は、橋本新三郎と称し、近江大掾忠廣の嫡男として、寛永十四年に生まれました。初代忠吉の後、忠吉を名乗っていた土佐守忠吉が没すると、忠吉銘が本家に返上されたため、父忠廣に代わって忠吉を襲名しました。万治三年十月に『陸奥大掾』、寛文元年八月に『陸奥守』を受領、父に先立つこと七年、貞享三年に五十歳で没しています。初代同様に最上大業物に列せられることから、その凄まじい斬れ味は、世に知れ渡っています。
 作風は肥前直刃が圧倒的に多く、乱れ刃は、互の目乱れ、足長丁字、逆丁字などが僅かに見られますが、直刃の方がより名品が多いかと思います。
 鎬造りの刀、脇差しがほとんどであり、槍、薙刀が僅かにあり、平身の脇差しが一振り、短刀、剣は皆無、茎仕立ては 鑢目は勝手上がり、茎尻は寛文五年頃までは入山形、以降は栗尻になります。
 初二代に勝るとも劣らない三代陸奥の自身作が少ないのは、比較的短命であったこと、長寿であった父の協力者として、数多く鍛刀したことに起因しています。
 銘振りは、初期は刀が『陸奥大掾藤原忠吉』、脇差しが『陸奥大掾忠吉』、『陸奥守』受領後、寛文二年八月までの僅かな期間に限って、刀脇差し共に『陸奥守藤原忠吉』と切っています。それ以降は、刀はほぼ『肥前国住陸奥守忠吉』、脇差しは『肥前国陸奥守忠吉』ですが、脇差しには『陸奥守忠吉』、『忠吉』、『肥前国忠吉』が極僅かに見られます。
 年紀作はほとんど見られませんが、上記の銘振り、茎仕立てなどによって 大凡の区別が可能です。
 本作には年紀がありませんが、前述した銘振りなどからして、寛文六、七年頃、同工三十歳頃の作と鑑せられます。
 寸法一尺三寸八分弱、鵜の首風スタイルのカチッとした脇差し、地刃は至って健全です。
小板目の良く詰まった小糠肌は、地色明るく、地沸を厚く付けて、所々流れ肌が強く肌立ち、僅かに湾れを帯びる直刃調の刃文は、刃縁に帯状の美しい沸がビッシリと付き、匂い口も潤み勝ちに明るく冴えています。
 表には草の倶利伽羅、裏には梵字、腰樋に添え樋をハバキ上で角留めにしてあります。専属の彫り師である吉永、忠長の手によるものではありませんが、作刀に近い時期の作と鑑せられ、刀身の美観を損ねることのない上手な彫り物です。
 最上大業物鍛冶、陸奥守忠吉の典型直刃、凄まじい斬れ味を誇る最強の三代陸奥、付属の外装は、江戸期作の合口鞘、板目の美しい堅木造りです。


















【商談中】商品番号:M-127 脇差し 肥前国陸奥守忠吉 特別保存刀剣鑑定書 拵え付き

価格: ¥1,350,000 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年7月号
(6
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ