脇差し (太刀銘)大村加卜慰作之
(おおむらかぼくなぐさみにてこれをつくる)
真十五枚甲伏造


Wakizashi:Ohmura Kaboku



新刀・武蔵 江戸前期
拵え付き
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:50.4(一尺六寸六分強) 反り:1.4 元幅:3.22
先幅:2.26 元重ね:0.63 先重ね:0.50 穴1




 鎬造り、鎬尋常庵棟低い、中切っ先。 鍛え、板目が詰んだ地鉄は、柔らかな流れ肌を交えて、地沸良く付き、地鉄精良。 刃文、上半は大乱れ刃が皆焼風となり、刃中沸匂いが深く、金筋、砂流しが頻りに掛かっており、下半は互の目丁子を焼き、地に飛び焼きが多数見られ、匂い口もすこぶる明るい。 帽子、一枚に深く焼き、返り長く棟寄りにも焼き入る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢大筋違い。 銅に金着せハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
 脇差拵え(江戸期 全長74センチ 鞘 黒の呂鞘に黒下げ緒、小柄、赤銅魚子地据紋象嵌、梅枝図 柄 鮫に赤黒柄巻き 縁、銘加寿貫、赤銅魚子地据紋象嵌、桜花図 頭、赤銅魚子地据紋象嵌色絵、武者図 目貫、赤銅容彫色絵、烏帽子の図 鍔 赤銅石目地鋤下彫、据紋象嵌色絵田子ノ浦図)付き。



【コメント】
 大村加卜は、大森治部左衛門と言い、駿河国有度(うど)郡(現静岡市)の生まれ、後に外科医として、越後国高田藩主松平光長(徳川家康のひ孫)に仕えました。天和元年、光長が改易後は、常陸国へ移り、水戸藩主徳川光圀に仕え、藩工としても活躍、江戸鉄砲町に住しました。
 初めは自らの外科道具を鍛錬したことに始まり、本格的に鍛刀するに当たって、  伯耆安綱、粟田口久国、一文字助真、相州行光、正宗、貞宗等々 古名刀の鍛錬法を独自で研究したと云います。ただ本来は外科医であるため、鍛刀はあくまで余技として行っており、『予非鍛冶』、『予(われ)は鍛冶に非ず』と茎に刻した作も残されています。
 美濃関から水戸へ移った坂東太郎卜伝、下原鍛冶の武蔵太郎安国の師でもあります。
 作刀期間で言えば、正保から貞享頃まで四十年程ありますが、前述のように本職ではないため、作刀数は僅少であり、年紀作もほとんど見られません。
 作風は、石堂系の備前伝丁字刃、沸の強い相州伝の大乱れ、湾れ乱れがあります。
 本作は寸法一尺六寸六分強、元先身幅しっかりとした脇差し、年紀はありませんが、造り込み、銘振りなどからして延宝、天和頃の作と鑑せられます。
 大乱れと叢雲のような皆焼刃が渾然一体となった上半の焼き刃は、平地、鎬地を覆い尽くす程の烈しい出来で、刃中沸匂いが深く、金筋、砂流しが頻りに掛かっており、下半は互の目丁子を焼き、地に飛び焼きが多数見られます。匂い口もすこぶる明るく、同工作でこれ程華やかで放胆な相州伝の焼き刃は見たことがありません。帽子も完全に一枚になっています。 
 『真十五枚甲伏造』と切り付け銘がありますが、『甲伏せ鍛え』とは、鍛えあげた皮鉄(外側になる硬い鉄)と心鉄(内側になる軟らかい鉄)を組み合わせていく工程に於いて、皮鉄をU字に曲げ、その中心に心鉄を入れ込んで鍛え上げる鍛錬法です。加卜は、それを『十五回折り返し鍛錬する』、若しくは鍛えた鉄を『十五枚重ねる』の意でこのように切り添えたと伝えています。
 これにより耐久性、柔軟性が著しく向上するため、加卜の刀は良く斬れると云い、またこの切り付け銘は、弟子の武蔵太郎安国にも良く見られます。
 付属の外装は、縁頭が在銘で、赤銅魚子地に据紋象嵌色絵の桜花武者図など、中々良い金具を使って誂えてあります。
 今年特別保存鑑定が付いたばかりの生ぶ品、天才外科医でありながら、独学にて業物刀鍛冶となった大村加卜、同工の相州伝代表作と成り得る優品です。
















【売約済】商品番号:M-129 脇差し (太刀銘)大村加卜慰作之 特別保存刀剣鑑定書付き 拵え付き 

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年12月号
(11
/22発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ