刀 銘 湧水心貞吉謹作之
(ゆうすいしんさだよし つつしんでこれをつくる)
昭和癸亥(しょうわみずのとい)三月日(昭和五十八年(1983年))


Katana:Yusuishin Sadayoshi



現代
保存刀剣鑑定書付




刃長74.8(二尺四寸六分)反り1.73 元幅3.3cm
先幅2.22cm 元重ね0.8(8mm)先重ね0.5(5mm)穴1




 鎬造り(しのぎつくり)庵棟(いおりむね)中切先(ちゅうきっさき)表裏に棒樋(ぼうひ)
鍛え(きたえ)杢目肌(もくめはだ)混じり板目肌(いためはだ)地沸(じにえ)を厚く付け、地景肌(ちけいはだ)を見せ、肌立ち(はだだち)、所々大模様となり、地鉄精良(じてつせいりょう)。
刃文、互の目乱れ(ぐのめみだれ)を主体に、丁子刃(ちょうじば)、尖り互の目刃(とがりぐのめば)交えて、激しく沸付き(にえつき)、金筋(きんすじ)、砂流し(すなながし)間断なく現れる。
帽子(ぼうし)、乱れ込(みだれこみ)、掃きかけて返る。
茎(なかご)生ぶ(うぶ)鑢目(やすりめ)化粧鑢(けしょうやすり)、大筋違い(おおすじかい)、先、剣形(けんがた)
ハバキ 銅に金着せハバキ
時代研摩(研いでから時間経ち、どうしてもという程研ぎが必要ではないが、やや曇りやヒケ(針で線を引いたような筋のこと、深さにもよるが、簡単に研ぎで取れる)
白鞘入り(しろさや入りとは朴(ほう)の木で作られた木製の保存用




【コメント】
 湧水心貞吉は、明治四十一年、平成十二年九十二歳にて逝去した、静岡県三島市の生まれの現代刀匠です。無鑑査(日本美術刀剣保存協会で毎年開催されている現代刀コンクールで、長年に亘り多くの賞を勝ち取った刀匠に与えられる称号)
 貞吉は、相伝備前(鎌倉末期から南北朝期にかけて流行した、備前伝に相州伝が加わった作風のこと、正宗門、長義とその一門など)を最も得意とし、魅力ある相伝備前の作品を数多く残しています。
この刀も貞吉が相伝備前の長義もしくは兼長を写した傑作です。
 12ページに掲載されている重要刀剣無銘兼長(V-1712)と比べていただくと、味わいある鉄の古さは敵いませんが、鍛え、刃文、帽子など実に見事に作刀されていることが分かります。
 相伝備前を作刀させたら右に出るものなしと言われた、現代刀匠、湧水心貞吉の地刃共にお楽しみいただける一口です。
















商品番号:M-136 刀 銘 湧水心貞吉謹作之 保存刀剣鑑定書付

価格: ¥630,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2018年12月号
(11
/22発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ