刀 (太刀銘)長州住藤本左門盛秀造之
(ちょうしゅうじゅうふじもとさもんもりひでこれをつくる)
文久三年亥二月日(一八六三年)


Katana:Choshuju Fujimoto Samon Morihide



新々刀・長門
拵え付き
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:77.8(二尺五寸七分弱) 反り:1.3 元幅:3.32
先幅:2.36 元重ね:0.78 先重ね:0.55 穴2(内1忍)




 鎬造り、鎬高め庵棟尋常、中切っ先。 鍛え、総体的に板目の詰んだ地鉄は、地沸が微塵に厚く付き、細かな地景を配し、所々流れる様な肌合いが強く現れ、地鉄良好。 刃文、互の目乱れを主体とした焼き刃は、刃沸良く付き、尖り風の刃、角張った刃を交えながら、刃中太い沸足が間断なく入り、焼き頭に金筋、砂流しが烈しく掛かる。 帽子、小乱れて先やや大丸に長く返る。 茎生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢筋違い。 銅に金着せハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
 打刀拵え(現代作 全長109 柄長25.5 鞘 黒呂塗り、小柄笄古作、赤銅魚子地据紋金象嵌、裏金金象嵌、獅子図 下げ緒黒 柄 黒塗り鮫に黒柄巻き、縁頭いぶし銀唐草図現代作、目貫、銀地容彫金象嵌、獅子図 鍔 古作、赤銅研磨地、片切彫毛彫、牡丹獅子図)付き。



【コメント】
 盛秀は藤本左門と言い、『潜龍子』と号し、長州毛利家に仕えた藩士でありながら、刀鍛冶も務めました。一説によると青龍軒盛俊同人で、盛俊の晩年銘とも云います。
 年紀作に見る活躍期は、嘉永七年から明治三年まで、乱れ刃を本位とする刀工で、稀に直刃もあります。
銘振りは様々あり、『長州住潜龍子盛秀作』、『周防山口士藤本左門藤原盛秀』、『於萩潜龍子盛秀造之』などと切ります。
 本作は寸法二尺五寸七分弱、反り浅めに付き、茎の長いスタイルは、典型的な幕末刀スタイル、刃区深く、刀身は現代刀の如く健全です。
 総体的に板目の詰んだ地鉄は、地沸が微塵に厚く付き、細かな地景を配し、所々流れる様な肌合いが強く現れ、互の目乱れを主体とした焼き刃は、刃沸良く付き、尖り風の刃、角張った刃を交えながら、刃中太い沸足が間断なく入り、焼き頭に金筋、砂流しが烈しく掛かっています。
 長州藩は幕末には討幕運動の中心となり、明治維新新政府では、同藩の中から政治家を多数輩出し、日本の政治を牽引しました。そんな長州藩を藩工として支えた盛秀、研ぎ減りを微塵も感じさせない地刃、橋本左門の俗名を添えた銘振りも大変希少、長州藩士藤本左門潜龍子盛秀の代表作と成り得る逸品です。外装の鞘は新しいですが、鐔に赤銅研磨地で牡丹獅子図、小柄笄に赤銅魚子地で据紋金象嵌獅子図など、随所に時代金具を使用して渋くまとめています。












商品番号:M-186 刀 (太刀銘)長州住藤本左門盛秀造之 拵え付き 特別保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥1,350,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年6月号
(5
/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ