脇差し 無銘

Wakizashi:Mumei



古刀・備後 室町末期
伊万里拵え付き
保存刀装具鑑定書付き




刃長:40.3(一尺三寸三分) 反り:1.0 元幅:3.13
先幅:2.47 元重ね:0.51 先重ね:0.41 穴1




 鎬造り、鎬三ッ棟尋常、中切っ先力強く張る。 表裏棒樋に添え樋をハバキ下で掻き流す。 鍛え、小杢目肌細かに肌立ち、所々無地風に詰んで、鎬寄り白け映り立ち、地沸良く付いて地鉄良好。 刃文、直湾れ調で 刃縁に小足、ほつれ交じり小沸良く付いて匂い口明るく締まり気味となる。 帽子、湾れ込んで返る。 茎生ぶ、先刃上がり入り山型、鑢切り。 銀に金着せ二重ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
 伊万里脇差拵え(幕末~明治期 全長58センチ 鞘 黒に貝散らし、文字や模様柄の伊万里の陶器片張り こじり、鉄地据紋、布目金象嵌、鳥網図 栗型鉄地金象嵌唐草図(金しとどめ有) 鯉口角 小柄、木製、白蝶貝、陶器の据え紋、金蒔絵、 柄 茶の麻糸巻き 縁頭、赤銅地に金梨地象嵌、頭に金の蜂の据え紋象嵌、縁にはてんとう虫と鈴虫の据紋象嵌 目貫、銀地に白蝶貝、蝸牛の図 目釘、金地差し込み目貫、松かさ図 鍔 鉄地角形、鳥網図、網を緑の七宝、鳥は据えられて色絵)付き。  



【コメント】
 本作は生ぶ無銘の脇差し、身幅広く、一見新刀らしくも見えますが、やや反りが付いて、重ねも薄いので室町末期の作と鑑せられます。
 小杢目肌が細かに肌立ち、所々無地風に詰んで、鎬寄りには白け映り立つ鍛え、直湾れ調で、刃縁に小足、ほつれ交じり、匂い口明るく締まり気味の刃を焼いています。雰囲気的に三原系鍛冶の作でしょうか。立派な銀に金着せ二重ハバキが付いています。
 拵えは大変ユニークでお洒落な伊万里拵え、蜂や蝸牛、てんとう虫、鈴虫などを題材にした意匠、陶器片や白蝶貝などの素材を用いた素晴らしい拵えです。この手の拵えは、幕末から明治期に掛けての海野勝、加納夏雄らに代表される芸術的自由度が格段に高い作を思わせるものであり、極めてコレクション価値の高い名品です。













商品番号:M-264 脇差し 無銘 伊万里拵え付き 保存刀装具鑑定書付き

価格: ¥698,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年2月号
(1
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ