刀 越前国千代鶴(無銘)
(えちぜんのくにちよずる)
(切付銘)久野隆重 象水


Katana:Echizennokuni Chiyozuru



古刀・越前 室町初期
保存刀剣鑑定書付き




刃長:72.2(二尺三寸八分強) 反り:0.2 元幅:3.02
先幅:2.09 元重ね:0.73 先重ね:0.53 穴2




 鎬造り、鎬高く庵棟尋常、中切っ先。 鍛え、板目肌が所々肌立ちながら良く詰み、地色明るく、沸映りが判然と現れ、地沸良く付き、地鉄良好。 刃文、直調の刃取りで、刃中小丁子、小互の目、小乱れが細やかに良く働き、葉、小足もふんだんに入り、匂い口明るい。 帽子、湾れ込んで焼き深く掃き掛け返る。 茎大磨り上げ、先切り、鑢筋違い。 銀ハバキ。 研磨充分。 白鞘入り。



【コメント】
 本作は大磨り上げ無銘ながら、寸法二尺三寸八分弱、『千代鶴』と極められた一振り、鎬の高い造り込みで、おそらく後年になって反りを幾分か伏せたものと考えられますが、ほぼ無反りに近い直刀スタイルです。
 越前千代鶴一派は、一説によると、室町初期千代鶴国安を祖とし、一派には国安の子と伝わる守弘などがいます。また千代鶴国安が、越前来こと来国安の弟子であることから、同派は来の系統になります。
 本作は板目肌がやや沈み勝ちに詰み、所々肌立ち、地色明るく、沸映りが判然と現れており、直調の刃取りで、刃中小丁子、小互の目、小乱れが細やかに良く働き、葉、小足もふんだんに入るなど、地刃は見応え充分です。
 千代鶴にしては刃が古調で味わい深いので、一見来国光のようです。ただ乱れが詰まって小模様、帽子が綺麗な小丸ではないので、弟の来国真辺りでしょうか。兎にも角にも刃は元から先まで健やかで、気持ちの良い刀です。
 茎には久野隆重による截断切り付け銘が刻まれていますが、江戸末期頃のものと鑑せられます。
 『象水』とありますが、『象』には形、姿、様子、有り様、なぞらえるなどの意味があり、また切り付け銘には、『笹の露』、『草の露』、『籠釣瓶』等々、水にまつわるものが多々あることからすると、おそらくはその斬れ味の鋭さを水が流れ落ちる様子になぞらえたものと考えられます。地に少し鍛え肌もありますが、ある意味ロマンのある逸品、千代鶴鍛冶による直刀スタイルの業物刀です。








【売約済】商品番号:M-302 刀 越前国千代鶴(無銘) 保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年5月号
(4
/19発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ