脇差し 相州住綱廣
(そうしゅうじゅうつなひろ)


Wakizashi:Soushuju Tsunahiro



古刀・相模 安土桃山期
拵え付き
刀剣保存会鑑定書付き




刃長:41.6(一尺三寸七分強) 反り:1.0 元幅:3.02 元重ね:0.57 穴1



 平造り、三ッ棟。 鍛え、板目、杢目、流れるような肌合いが、やや沈み勝ちにうねる地鉄は、地沸を厚く付け、肌目に沿って太い地景が良く働いて、地鉄精良。 刃文、互の目丁字乱れを主体にした焼き刃は、所々やや腰開きとなり、焼きと焼きの合間に玉、多数の飛び焼きが見られ、上半程烈しくなり、匂い口明るく冴える。 帽子、乱れ込んで先掃き掛け長く返り、そのまま棟寄りを小互の目乱れ調に、棟区近くまで焼き下げる。 茎生ぶ、先細って栗尻、鑢切り。 銅二重ハバキ(被せ部分は金着せ)。 最上研磨済み。 白鞘入り。
 脇差拵え(江戸後期 全長70 鞘 黒の呂鞘(あたり有り)小柄、赤銅魚子地梅紋図、下げ緒三色 柄 親鮫に金茶柄巻き 縁頭、赤銅魚子地容彫龍図 目貫、赤銅容彫馬の図 鍔 真鍮研磨地、鋤出し高彫色絵小透、諸葛孔明の図)付き。



【コメント】
 室町後期を代表する相州鍛冶と言えば、山村綱廣一門、名工五郎入道正宗以降、廣光、秋廣、廣正と続いてきた相州鍛冶の伝統を継承する名門で、天文頃を初代とし、以降現代まで十六代に渡って続きました。一説に因ると、初代は島田義助の子とも、門人とも云われおり、初め小田原北条氏に抱えられ、後に鎌倉扇ヶ谷(おうぎがやつ)に所領を得て移住しています。安土桃山期から江戸最初期に掛けて活躍した三代綱廣は、陸奥国弘前藩主津軽為信に招かれて、大小三百振りを鍛刀、将軍家にも納めています。これらは世上、『津軽打ち』と称されて珍重されています。
 本作はその銘振りからして三代綱廣、寸法一尺三寸七分強の平脇差し、やや反りが付いた三ッ棟の造り込み、長さに比して、身幅がそれ程広くならない姿は文禄から慶長頃の作と鑑せられます。
 板目、杢目、流れ肌がやや沈み勝ちにうねる地鉄は、肌目に沿って太い地景が良く働いた見事な鍛えで、互の目丁字乱れを主体にした焼き刃は、所々やや腰開きとなり、焼きと焼きの合間に玉、多数の飛び焼きが見られ、上半程烈しくなり、帽子の返りも長く、そのまま棟寄りを小互の目乱れ調に、棟区近くまで焼き下げています。これで幅広の南北朝スタイルであれば、相州廣光と見間違えそうな地刃の雰囲気を醸し出しています。無鑑査による最上研磨済みの状態で、地刃も冴え渡っています。
 覇気溢れる三代綱廣乱れ刃の典型作、何処にも出ていない激生ぶの逸品、特保までは全く問題ありません。
 付属の時代外装は、鐔が真鍮研磨地の諸葛孔明図、縁頭が赤銅龍図、小柄が赤銅梅紋図等々、とても良質な金具を使用しています。これはお薦めです。












商品番号:M-306 脇差し 相州住綱廣 刀剣保存会鑑定書付き 拵え付き

価格: ¥690,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年3月号
(2
/26発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ