刀 (太刀銘)(菊紋)山城守藤原国清
(やましろのかみふじわらのくにきよ)


Katana:Yamashironokami Fujiwarano Kunikiyo



新刀・越前 江戸前期
業物 拵え入り
保存刀剣鑑定書付き




刃長:69.8(二尺三寸強) 反り:1.0 元幅:3.12
先幅:2.08 元重ね:0.70 先重ね:0.50 穴2




 鎬造り、鎬庵棟尋常、中切っ先。 鍛え、地沸を厚く敷いた板目、杢目、流れ肌が上品に肌立ち、肌目に沿って細かな地景をふんだんに配し、地鉄精良。 刃文、直湾れ調の刃文は、刃沸強く、刃縁にほつれ、喰い違い刃、刃中金筋、砂流しがうねるように掛かり、匂い口の沸匂い深く、明るく冴える。 帽子、湾れ調沸付き、先強く掃き掛け返る。 茎磨り上げ、先切り、鑢筋違い。 銅に銀着せハバキ。 時代研磨(小サビ、ヒケ、曇り僅かに有り)。 
 打ち刀拵え(幕末期 全長99.5センチ 柄長26センチ 鞘 黒石目鞘 こじり角(一部傷みあり)栗型、鯉口角 下げ緒黒 柄 金属板に黒柄巻き 縁頭、鉄地文字金象嵌 目貫、素銅容彫大海老の図 鍔 鉄地丸形透、輪違家紋図)入り。



【コメント】
 国清は吉右衛門と言い、通説に因ると、本国信州松本で、慶長七年、三代島田助宗の子として生まれたと云います。初め助宗と銘じ、上京して堀川国広門下に入り、『国清』と改銘、徳川家康の孫に当たる越後高田藩主松平忠昌に仕え、寛永元年に、忠昌が越前福井藩主となった際に、それに従って越前に移ったとされます。寛永四年に『山城大掾』、翌年には『山城守』を受領、茎に『菊紋』を切ることも許されました。堀川一門の代表工であり、越前新刀としては、康継に次ぐ名工です。作は寛永から寛文頃まで、寛文七、八年に没したと云います。
 沸出来の中直刃を最も得意とし、稀に互の目乱れもあります。脇差しには、慶長新刀特有の片切り刃、平造りの雄壮な作も見られます。彫りも上手く、簡素なものから、倶利伽羅、不動明王などの濃厚なものまで、多種に渡ります。
 本作は一寸程磨り上がっていますが、寸法二尺三寸強、反り浅く付いた典型的な寛文新刀姿を示しており、同工晩年円熟期の集大成とも言える直刃の名品です。
 地沸を厚く敷いた板目、杢目、流れ肌が上品に肌立ち、肌目に沿って細かな地景をふんだんに配した精良な地鉄、直湾れ調の刃文は、刃沸強く、刃縁にほつれ、喰い違い刃、刃中金筋、砂流しがうねるように掛かり、匂い口の沸匂いの深み、明るさも素晴らしいものがあります。健全な古作大和物を見るようで特に欠点は見当たりません。
 強いて言えば、やや研ぎが古いため、これでも本来の地刃の冴えが100%発揮出来ていません。是非とも良い研ぎを掛けて白鞘に入れることをお薦めします。
 現状は保存鑑定ですが、特別保存までは問題なく、この地刃の出来、状態の良さであれば、茎が生ぶなら重要になってもおかしくないでしょう。
 幕末然とした渋い外装に入っており、柄下地には補強のため金属板を入れてあります。柄巻きは新調しました。鉄地の縁頭には『怖威(畏)軍陣中(ふいぐんじんちゅう) 念彼観音力(ねんぴかんのんりき) 衆怨悉退散(しゅうおんしつたいさん)』の文字を金象嵌で刻してあります。これは法華経に於ける『観音経』の一節、『戦場に於ける畏怖の念、相手を憎む気持ちなどは、観音様のお力を信じ、ひたすら念ずることで、ことごとく消え去る。』の意、如何にも幕末明治ならではあり、戦地にて身命を賭して戦う武人の祈りの言葉です。
   山城守国清晩年円熟期に於ける同工傑出の一振り、内外楽しめます。
















【売約済】 商品番号:M-316 刀 (太刀銘)(菊紋)山城守藤原国清 拵え入り 保存刀剣鑑定書付き 

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年3月号
(2
/26発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ