短刀 (菊紋)伊賀守藤原金道(二代)
(いがのかみふじわらのきんみち)


Tanto:Iganokami Fujiwarano Kinmichi



新刀・山城 江戸前期 業物
拵え付き(特別貴重認定書付き)
保存刀剣鑑定書付き

寒山先生鞘書き有り




刃長:27.0(八寸九分) 反り:0.3 元幅:3.03 元重ね:0.60 穴1



 平造り、鎬尋常。 鍛え、板目が上品に肌立つ鍛えは、流れ肌、地景、澄み肌風の肌合いを交え、地沸良く付き、地鉄良好。 刃文、湾れ互の目調の刃文は、刃沸強く、所々刃縁が沸裂けて、刃中太い金筋、砂流し掛かる。 帽子、直調で烈しく沸付き掃き掛け長く返る。 茎生ぶ、先剣形、鑢筋違い。 銅に金着せハバキ。 研磨充分。 白鞘入り。
 小さ刀拵え(江戸期 全長52.3センチ 鞘 黒の呂塗りの刻み鞘 栗型、赤銅魚子地据紋金象嵌、桐紋図 小柄、無銘、赤銅魚子地据紋象嵌色絵、紅葉枝図 下げ緒、深緑、あずき、緑、卯の花色の唐組蛸足下げ緒 柄 親鮫に黒糸蛇腹巻き 縁頭、無銘、赤銅地、金、螺鈿、素銅の据え紋、縁に金象嵌、貝殻図 鍔 無銘 四分一地、据紋象嵌色絵、毛彫、太公望の図)付き。



【コメント】
 初代伊賀守金道は、美濃兼道の長男で、弟に来金道、丹波守吉道、越中守正俊がいます。後に父、弟と共に美濃から京へ移り、三品一派の名を大いに高めた名工で、朝廷より『菊紋』、『日本鍛冶惣匠』の免状、『雷除』の号を賜りました。特に『日本鍛冶宗匠』の免状は、全国の鍛冶職に就く者全てが、金道家の配下であることを認めさせる特権と地位を与えた証です。ただ実際に茎に『菊紋』と『日本鍛冶惣(宗)匠』と切るのは二代から、『雷除』は五代からになります。
 本工はその二代、初代の子で三品勘兵衛と言い、寛永六年に初代が没すると、二代目を継承、同十四年に『伊賀守』を受領、延宝八年に没しています。
 本作は希少な短刀で、寸法八寸九分、身幅広めの雄壮な一振りです。
 板目が上品に肌立つ鍛えは、流れ肌、地景、澄み肌風の肌合いを交え、湾れ互の目調の刃文は、刃沸強く、所々刃縁が沸裂けて、刃中太い金筋、砂流し掛かるなど、初代が得意とした美濃伝を踏襲した覇気溢れる出来を示しています。刃境に鍛えが僅かにありますが、寒山先生鞘書きにも『二代傑作也。』とあるように、『日本鍛冶惣匠』二代伊賀守金道の魅力的な短刀です。
 時代の小さ刀拵えが付属しており、総刻みの黒鞘、赤銅、四分一の良い金具を使って上手にまとめてあり、雰囲気も大変良いものです。












【売約済】 商品番号:M-318 短刀 (菊紋)伊賀守藤原金道(二代) 保存刀剣鑑定書付き 拵え付き(特別貴重認定書付き) 寒山先生鞘書き有り

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年3月号
(2
/26発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ