短刀 吉国(鬼塚吉国)
(おにづかよしくに)


Tanto:Onizuka Yoshikuni



新刀・筑後 江戸前期
特別保存刀剣鑑定書付き
寒山先生鞘書き有り




刃長:25.9(八寸五分強) 反り:僅かに内反り 元幅:2.59 元重ね:1.10 穴2



 平平造り、庵棟低め。 表には爪付き剣、裏には櫃内に梵字を浮き彫りにする。
鍛え、小板目肌沈み勝ちに詰み、細かな地景を配し、地沸良く付き、地鉄精良。 刃文、湾れ心のある細直刃調の焼き刃は、刃縁の沸匂い深く、匂い口明るく、地刃が冴える。 帽子、直調で先僅かに掃き掛け返る。 茎生ぶ、先極浅い栗尻、鑢浅い勝手下り。 木ハバキ。 時代研磨(ヒケ、小サビ有り)。 白鞘入り。



【コメント】
 鬼塚吉国は、天正二年(一五七四年)、陸奥国棚倉、現在の福島県東白川郡棚倉町(たなぐらまち)に生まれ、初めは地元で鍛刀しました。その頃この棚倉藩を治めていたのは、関ヶ原の戦いの後に筑後国柳川から国替えされていた立花宗茂でしたが、大阪夏の陣の功績により、元和六年(一六二〇年)、旧領筑後国柳川藩主として返り咲きました。その際、地元で業物鍛冶として有名だった吉国は、立花家にその鍛刀技術を買われ、柳川に移り住み鍛刀しました。
 寛永十四年(一六三七年)、『島原の乱』が勃発、九州全藩がその鎮静のために参戦するという大規模な内乱となりました。吉国は柳川藩士、久留米藩士の求めに応じて、数多く作刀したと伝えられます。この内乱に於いて、吉国刀が凄まじい斬れ味を誇ることが実証され、『柳川に鬼塚在り』とその名を天下に轟かせました。
 年紀作はほとんど見られませんが、『寛永十七年八月』年紀の作が僅かに残されており、活躍期は寛永から慶安頃としています。
 肥前忠吉に近い直刃調の作風を得意とし、銘は『鬼塚吉国』、『筑州柳川住鬼塚吉国』などと切ります。 本作は寸法八寸五分強、重ね1.1㎝あるゴリンとした鎧通し風短刀、寒山先生鞘書きにも『鬼塚吉国 短刀珍也 信国写し』とあるように、世にも珍しい一振りです。
 『吉』の字に第二目釘穴が掛かっているのが残念ですが、特別保存鑑定が付いて、但し書きでも『鬼塚吉国』としていますので問題ありません。茎尻は一見摘まんだかのようにも見えますが、同工の場合極めて浅い栗尻になりますので茎も生ぶです。
 精良なる小板目肌は、沈み勝ちに詰んで細かな地景を配しており、湾れ心のある細直刃調の焼き刃は、刃縁の沸匂い深く、匂い口明るく、地刃が冴え渡っています。地刃も健全で疵もありません。
 表には爪付き剣、裏には櫃内に梵字を浮き彫りにしてありますが、本歌に倣った大変上手な自身彫りかと思います。
 永らく未鑑定のまま数寄者が持っていた激生ぶ品、現状木ハバキで、研ぎも古いためヒケ、小サビがありますので、ビシッと良い研ぎを掛けて、金着せのハバキを新調すれば、見違えるように良くなるでしょう。またそれぐらいの費用を掛ける価値はあります。
 鬼塚吉国の短刀自体まず見ることはありませんが、珍しいだけではなく、出来も抜群な逸品、大変コレクション価値の高い名品です。










【売約済】商品番号:M-329 短刀 吉国(鬼塚吉国) 寒山先生鞘書き有り 特別保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年3月号
(2
/26発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ