刀 備前国長船義景(無銘)
(びぜんのくにおさふねよしかげ


Katana:Bizennokuni Osafune Yoshikage (Mumei)



古刀・備前 南北朝中期
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:80.6(二尺六寸六分) 反り:2.3 元幅:3.14
先幅:2.40 元重ね:0.73 先重ね:0.53 穴3




 鎬造り、鎬高め庵棟低い、中切っ先延び心。 表裏棒樋を茎途中で丸留める。 
 鍛え、板目が総体的に良く詰み、細かな地景、流れ肌を交えて所々肌立ち、鎬寄りに白けるような映り立ち、地沸良く付き、地鉄良好。 刃文、小互の目、小丁子乱れを主体とし、小湾れ、尖り風の刃が細かく入り乱れ、刃沸良く付き、刃中葉、小足繁く入り、匂い口やや沈み勝ちに締まって一部刃縁に沿って細かな飛び焼き、沸筋も見られる。 帽子、湾れ調で先掃き掛け返る。 茎大磨り上げ、先切り、鑢切り。 銀に金着せ二重ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 長船義景の出自に付いては、古来より兼光門人説、長義門人説など様々ありますが、近年の研究では、銘に『景』の字を使用し、逆鏨を多用した特徴的な銘振りなどから、長光門人とされる長船傍系の近景や盛景などと同族であるという見方が有力になっています。
 活躍期は、南北朝初期から中期までとされ、備前物にあって刃沸の強い作風から、兼光、長義、兼長、盛景らと同様に相伝備前鍛冶の代表工であり、重要文化財二口、重要美術品二口を数える名工です。
 作風は、南北朝期特有の幅広で切っ先の延びた大柄な姿に、小湾れ、小互の目、小丁字、角張った刃、尖り風の刃など、様々な刃を交えて焼き、総体的に焼き刃は小模様となります。また薙刀、薙刀直しが多く見られるのも特徴です。
 本作は大磨り上げながら寸法二尺六寸六分、切っ先グッと延び心、身幅重ねのガシッとした長尺の堂々たる一振り、南北朝中期の典型的な太刀姿を示しています。樋が入っていますが、手持ちがズシンとして、古刀とは思い難い重量感があり、如何に地刃が健全か分かります。
 板目が総体的に良く詰み、細かな地景、流れ肌を交えて所々肌立ちを見せる上質な備前鍛えは、鎬寄りに白けるような映り立ち、小互の目、小丁子乱れを主体として刃文は、小湾れ、尖り風の刃が細かく入り乱れて刃沸良く付き、刃中葉、小足繁く入り、匂い口やや沈み勝ちに締まっており、一部刃縁に沿って細かな飛び焼き、沸筋も見られます。
 前述したように、とにかく南北朝期の作とは思えない程地刃が健やかで重い刀、相伝備前鍛冶の代表工、長船義景の会心作、特別保存鑑定が付いて間もない激生ぶ品です。












商品番号:M-334 刀 備前国長船義景(無銘) 特別保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥1,900,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年3月号
(2
/26発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ