刀 藤田永弘造之
(ふじたながひろこれをつくる)
應林隆章君之需
文久三癸亥二月吉祥日(一八六三年)
真十五枚甲伏鍛


Katana:Fujita Nagahiro



新々刀・長門 江戸末期
拵え付き
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:80.4(二尺六寸五分強) 反り:1.0 元幅:3.39
先幅:1.99 元重ね:0.80 先重ね:0.45 穴2(内1忍)




 鎬造り、鎬高め庵棟尋常、中切っ先やや詰まる。 鍛え、板目、杢目が良く鍛えられた地鉄は、地沸を厚く敷き、地景が良く働き、所々大模様に肌立ち、地鉄良好。 刃文、小互の目乱れを主体とした刃文は、匂い勝ちに小沸付き、逆心の刃、小乱れ、箱掛かった刃を交えて、匂い口も明るく締まる。 帽子、乱れ紺で小丸に深く返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢切り。 銅ハバキ。 時代研磨(小サビ、ヒケ、刃当り僅かに有り)。 白鞘入り。
 太刀拵え(幕末期 全長116センチ 鞘 糸巻きの上に焦茶塗り 石突金物、足金物、口金等、全て素銅研磨地 太鼓金、櫓金は素銅に金鍍金 太鼓革、鹿裏革生成 太刀緒、卯の花、古代紫、深緑、黒の斑模様 柄 鮫に黒塗り茶柄巻き 兜金、縁は素銅研磨地 兜金の下に錦布痕あり 目貫、素銅地、陰向鱗紋図)付き。 



【コメント】
 永弘は、文化十三年(一八一六年)、讃岐の生まれで、藤田謙吾又は徳治郎と名乗りました。備前長船の地に赴き、加賀介祐永門人となって備前伝を学び、『真龍子』と号しました。幕末の倒幕運動、明治維新の中心であった長州毛利藩の藩工として活躍、文久三年四月、同藩庁が長州萩から防州山口に移ると、それに従って移住しました。
 長州萩時代の天保十二~十四年(一八四一~四三年)頃には萩に来ていた源清麿、文久年間には土佐藩工左行秀との交流があったと伝わります。明治十二年、六十四歳没。
 作風は、互の目乱れ、丁子乱れを主体とした刃文を得意とし、匂い出来のものと小沸出来のものがあります。彫りも上手で極稀に濃厚な龍、不動明王などを見ます。また鉄砲鍛冶としても活躍した大変器用な刀工です。
 銘振りは、前期の『長州打ち』では『長門国住人藤田真龍子源永弘』、『長門国萩住人藤田徳治郎永弘』、『長州萩住謙吾永弘』、後期の『防州打ち』では『周防国住人永弘』、『周防国住藤田謙吾藤原永弘』などと切ります。
 本作は文久三年二月、前述のように山口に移る直前、最後の『長州打ち』且つ注文打ちの入念作です。
 同工四十八歳の頃の作で、寸法二尺六寸五分強、反り浅めで茎が長い幕末特有のスタイル、身幅重ねしっかりとして、地刃健全で伸びやかな長尺刀を丹念に鍛えています。
 板目、杢目が良く鍛えられた地鉄は、地沸を厚く敷き、地景が良く働き、所々大模様に肌立っており、小互の目乱れを主体とした刃文は、匂い勝ちに小沸付き、逆心の刃、小乱れ、箱掛かった刃を交えて、匂い口も明るく締まっています。
 『真十五枚甲伏鍛』の切り付け銘は、新刀期では大村加卜、武蔵太郎安国、新々刀期では水心子正秀等にまま見られるものです。
 『甲伏鍛え』とは、鍛えあげた皮鉄(外側になる硬い鉄)と心鉄(内側になる軟らかい鉄)を組み合わせていく工程に於いて、皮鉄をU字に曲げ、その中心に心鉄を入れ込んで鍛え上げる鍛錬法です。真十五枚は、それを『十五回折り返し鍛錬する』、若しくは『十五枚重ねる』の意であると云われており、これにより耐久性、柔軟性、斬れ味が著しく向上すると言います。
 入念なる折り返し鍛錬によって生み出された強靱な地刃、表鎬地に少し疵がありますが、得意の備前伝を存分に示した覇気のある焼き刃は見応え充分です。
 総金具素銅磨き地の幕末期太刀拵えが付属しており、柄木の縁部分に『NICOL.W. 1946 JAPAN』とありますので、西暦1946年(昭和二十一年)に占領軍の手に渡り、柄巻きを直したようです。
 長門国住人藤田真龍子永弘、貴重な『長州打ち』による注文打ち長尺刀、これは見過ごせません。


















商品番号:M-373 刀 藤田永弘造之 拵え付き 特別保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥1,200,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年6月号
(5
/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ