刀 定盛作(平高田)
(さだもりさく)


Katana:Sadamori



古刀・豊後 室町後期
拵え付き
保存刀剣鑑定書付き




刃長:71.2(二尺三寸五分弱) 反り:1.8 元幅:3.03
先幅:2.09 元重ね:0.83 先重ね:0.48 穴3




 鎬造り、鎬高く庵棟低い、中切っ先。 鍛え、板目に流れ肌を交えた地鉄は、地沸を微塵厚く敷き、地景がうねり、所々大模様に肌立ち、地鉄良好。 刃文、やや腰開き気味の互の目乱れを主体とした刃文は、小互の目、尖り風の刃、丁子風の刃、細かな飛び焼きを交えて、刃中の葉、小足、柔らかな金筋、砂流しが掛かり、匂い口やや沈み勝ちに締まる。 帽子、乱れ込んで先掃き掛け僅かに返る。 茎磨り上げ、先栗尻、鑢浅い勝手下がり。 銅に銀着せハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
 打刀拵え(江戸後期 全長102センチ 柄長24.5センチ 鞘 変わり刻み螺鈿散らし鞘 こじり、四分一石目地鍬形 栗型、鯉口角 下げ緒国防色 柄 親鮫に黒柄巻き 縁頭、鉄地鋤出し彫、布目象嵌、山水図 目貫、赤銅容彫色絵、舟に釣り人図 鍔 鉄地撫角形据紋象嵌色絵、月に兎の図)付き。



【コメント】
 高田定盛は、室町期より続く平高田鍛冶の一人で、初代を永正、二代を天文、三代を天正、四代は寛永頃としています。
 本作は一番下が生ぶ穴で二寸半程磨り上がっていますが、寸法二尺三寸五分弱、鎬高く、先反りの強い造り込み、銘振りからして二代定盛、天文頃の作と鑑せられます。
 身幅広い豪壮な刀ではありませんが、元重ねがしっかりとして肉付きも良く、地刃健全、刀にズシッとした重みがあります。
 板目に流れ肌を交えた地鉄は、地沸を微塵厚く敷き、地景がうねり、所々大模様に肌立つ鍛えで、やや腰開き気味の互の目乱れを主体とした刃文は、小互の目、尖り風の刃、丁子風の刃、細かな飛び焼きを交えて、刃中の葉、小足、柔らかな金筋、砂流しが掛かっています。正にこの頃主流であった末備前風の乱れ刃を丹念に焼いており、匂い口がやや沈み勝ちに締まっている辺りに業物高田一派らしい特徴が出ています。 
 鑑定などでは、無銘平高田と見て出来の良いものには高田鎮教、高田定盛等の極めを入れる傾向がありますが、本作を見る限り大変技量の高い刀工であることを確信します。 
 外装は江戸期の作、黒に螺鈿を散らした変わり塗り鞘で、とても雰囲気の良い拵えです。柄巻きは新調致しました。これは良い高田定盛です。


















商品番号:M-392 刀 定盛作(平高田) 保存刀剣鑑定書付き 拵え付き

価格: ¥450,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年5月号
(4
/19発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ