刀 勢州桑名住義明斎三品廣房作
(せいしゅうくわなじゅうぎめいさいみしなひろふさつくる)
以多度斎火鍛之 慶應三年二月日(一八六七年)


Katana:Seisyu Kuwanaju Gimeisai Mishina Hirofusa



新々刀・伊勢 江戸末期
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:69.9(二尺三寸一分弱) 反り:1.4 元幅:3.39
先幅:2.33 元重ね:0.86 先重ね:0.55 穴1




 鎬造り、鎬高め庵棟低い、中切っ先。 表に三鈷柄附き剣、裏に梵字と護摩箸の彫り。 鍛え、地沸を微塵に厚く敷いた小板目肌は、細かな地景を無数に配し、地鉄概ね精良。 刃文、直調の焼き刃は、刃縁匂い勝ちに小沸付き、刃中葉、小互の目、小丁子足が繁く入り、匂い口やや沈み勝ちに締まっています。 帽子、直湾れ調で先掃き掛け返る。 茎生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢化粧筋違い。 銅に金着せハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。  



【コメント】
 廣房は、三品半兵衛と称し、文化三年生まれ、三品藤右衛門廣道の子で、義明斎と号し、伊勢桑名及び伊賀で鍛刀しています。 
 父廣道が濃州大道の九代目である三品陸奥守一徹斎大道の弟に当たりますので、 美濃鍛冶の血筋になります。
 作は嘉永から明治初年頃まで、明治十八年、八十歳で没と伝わります。
 廣房と言えば、贋作師としても有名、江戸の大慶直胤門人、細田直光と共に、ある意味天下公認の贋作師とも言えるでしょう。応永備前、末備前の著名工を主とした贋作で、いわゆる『桑名打ち』と呼ばれるものですが、実際は廣房のみの作ではなく、廣房一派を始め、その他の桑名刀工らによって多数作られたと云います。
 また廣房には同郷の先達、千子村正の贋作もあり、ある村正の贋作短刀の茎には、『村正 模之勢州住義明斎廣房作』と切ったものも残されています。
 本作は慶応三年、同工六十二歳の頃の作、寸法二尺三寸一分弱、身幅、重ねガシッとして、ズシッと重く、研ぎ減りを微塵も感じさせない健全な地刃は現代刀のようです。
 地沸を微塵に厚く敷いた小板目肌は、細かな地景を無数に配し、肥前刀の小糠肌の如く良く詰んでおり、直調の焼き刃は、刃縁匂い勝ちに小沸付き、刃中葉、小互の目、小丁子足が繁く入り、匂い口やや沈み勝ちに締まっています。
 表に三鈷柄附き剣、裏に梵字と護摩箸の彫りがあり、簡素な意匠ですが、大変上手です。
 また本作は茎裏に『以多度斎火鍛之』と切り付けてあるように、伊勢桑名の多度大社にて焼き入れ等を行って鍛えた『神前打ち』の特注品です。
 『斎火(いみび)』とは、『忌火』とも表記しますが、神事に於いて、神に供える煮炊きや照明などに用いるために、神職が乾燥したヒノキ等の木口に棒を当てて、激しく擦り付けて起こした清浄な炎のことです。
 本作は、伊勢桑名の郷土刀のみならず、神聖なる炎の力を賜って打ち下ろした霊験あらたかな一振りであり、同工の類い希なる技量が集約された自信作、天下の贋作師、義明斎三品廣房の『多度大社神前打ち』です。 
















商品番号:M-458 刀 勢州桑名住義明斎三品廣房作 特別保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥950,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年9月号
(8
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ