刀 平安城安廣
(へいあんじょうやすひろ)


Katana:Heianjo Yasuhiro



新刀・山城 江戸初期
拵え付き
保存刀剣鑑定書付き




刃長:74.9(二尺四寸七分強) 反り:1.3 元幅:3.10
先幅:2.19 元重ね:0.80 先重ね:0.56 穴1




 鎬造り、鎬高め庵棟低め、中切っ先。 表は二筋樋をハバキ上で丸留め、裏も二筋樋を丸留めにし、腰元に草の倶利伽羅を彫る。 鍛え、小板目詰み、所々板目が流れ心に肌肌立ち、地沸厚く付き、地鉄良好。 刃文、互の目乱れ調で、小乱れ、小互の目、尖り風の刃を交えて 刃縁良く沸付き、刃中互の目足繁く入り、金筋、砂流し掛かり、匂い口明るく締まり気味となる。 帽子、湾れ調で焼き深く、先掃き掛け長く返る。 茎生ぶ、先浅い栗尻、鑢筋違い。 銅に赤銅着せ二重ハバキ(被せ部分は金着せ)。 時代研磨。 
 打ち刀拵え(幕末期 全長106センチ 柄長25.5センチ 鞘 黒の笛塗り鞘 下げ緒黒 柄 親鮫に黒柄巻き 縁頭、赤銅研磨地据紋象嵌色絵、老梅図 目貫、赤銅地容彫色絵、太刀に兜の図 鍔 鉄地丸形透、隅に角の図)入り。  



【コメント】
 安廣は、富田源蔵と云い、紀州石堂鍛冶の祖と、一説に因ると、備中守康廣、土佐将監為康兄弟の父で、大和守安定、平安城石堂右近正俊の師と伝わる刀工です。安定は後に江戸へ出て業物鍛冶として活躍、正俊は京へ出て京石堂と呼ばれました。
 安廣は初め近江、後に山城で鍛刀、元和末年から寛永初期頃に紀州へ移住、寛永十三年、紀州徳川家の藩工となり、初代藩主徳川頼宣(家康の十男)に仕えました。正保二年からは、江戸へ出て鍛刀、この時に安定も従ったとされています。
 作風は、いわゆる石堂丁子の華やかな作は見受けず、互の目、湾れ互の目、湾れに丁子が交じる出来を主体とします。そう考えると、この作風を継承したのは安定ということになるかと思います。ちなみに特例として、茎表に『紀州和歌山住安廣造』、裏に『大和大掾安定作』と銘のある脇差しがあり、現存する唯一の師弟合作刀としても有名ですが、この脇差しに限っては典型的な石堂丁子を焼いています。
 銘振りは『平安城安廣』、『紀伊国安廣』、『於紀州安廣』、『於武州安廣造』などと切ります。
 本作は安廣の希少な生ぶ茎在銘の正真刀、しかも初期の京打ち、紀州へ移る前ですので、元和頃の作になるかと思います。 
 寸法二尺四寸七分強、身幅は豪壮な感じではありませんが、重ねがガシッとして健全なので、刀がズシッと重い一振りです。
 互の目乱れ調の刃文は、小乱れ、小互の目、尖り風の刃を交えて、刃中互の目足繁く入り、金筋、砂流し掛かるなど、典型的な出来を示しており、帽子も深く焼き、返り長く、鎬地、棟には飛び焼きが多数見られます。
 表裏二筋樋と裏の腰元には草の倶利伽羅の生ぶ彫りがありますが、簡素ながらとても良い彫りです。
 この度、鑑定が付いたばかりの激生ぶ品、幕末期の外装に入っており、柄巻きは新調致しました。一応鞘を払って1,138g。
 紀州石堂の祖とされる安廣の京打ち最初期作、同派を研究する上で資料的にも大変貴重な現存品になるでしょう。




















商品番号:M-556 刀 平安城安廣 拵え入り 保存刀剣鑑定書付き 

価格: ¥620,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年11月号
(10
/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ