脇差し 上総介藤原兼重
(かずさのすけふじわらのかねしげ)
(金象嵌)寛文六年五月十九日(一六六六年)
二ッ胴切落 山野勘十郎久英(花押)


Wakizashi:Kazusanosuke Fujiwarano Kaneshige



新刀・武蔵 江戸前期 良業物
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:52.4(一尺七寸三分弱) 反り:0.8 元幅:2.96
先幅:2.05 元重ね:0.67 先重ね:0.46 穴1




 鎬造り、鎬尋常庵棟低め、中切っ先。 鍛え、地沸を厚く付けた板目肌で、所々大模様に肌立ち、地鉄良好。 刃文、互の目乱れを主体とし、所々数珠刃風の互の目を交え、刃中互の目の沸足繁く入って砂流し掛かり、刃縁の沸匂いが深く明るい。 帽子、湾れ調で沸付いてほつれ、先強く掃き掛けて返る。 茎生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢化粧筋違い。 銅に銀着せ二重ハバキ(被せ部分は金着せ)。 時代研磨。 白鞘入り。  



【コメント】
 上総介兼重は、寛永二年生まれ、辻助右衛門と言い、和泉守兼重の子、又は弟子と伝わる兼重の二代目、活躍期は明暦から延宝頃まで、長曽祢虎徹とほぼ同時代の刀工です。
 作風も互の目の連れた数珠刃風の刃文を得意としていますが、虎徹に先立って、万治四年には、既に完全なる数珠刃を焼いた作品を残していることから、むしろ兼重が虎徹の作風に大きな影響を与えたと考えられています。
 また虎徹同様に、その凄まじい斬れ味を持って名を馳せ、山野加右衛門永久、山野勘十郎久秀、前島八郎友次ら、当時の試し斬り名人の金象嵌銘をまま見受けます。
 受領銘に関しては、初め『上総守』、後に『上総介』に転じたという説、両方を切り分けたという説があり、『上総介藤原兼重』と切る場合が最も多く見られます。年紀作はほとんど見られません。
 本作は寸法一尺七寸三分、反り浅めに付いた典型的な寛文新刀姿を示しており、豪壮な姿ではありませんが、地刃健やかです。
 互の目乱れを主体とした刃文は、所々数珠刃風の互の目を交えて焼き、刃縁の沸匂い一際深く、刃中互の目の沸足が繁く入って砂流しが掛かっています。
 茎裏には、寛文六年、山野勘十郎久英による『二ッ胴切落』の金象嵌截断銘が入っており、同工四十二歳の頃の作と分かります。
 久英は、江戸前期に活躍した試し斬り名人、山野加右衛門永久の子で、父に代わって寛文五年頃からこれを受け継ぎ、以降貞享頃まで金象嵌銘が残されています。
 虎徹を凌ぐとも言うその凄まじい斬れ味は、武用を重んじる江戸武士の好みに適した強靱な一振り、上総守兼重の典型作佳品、何処にも出ていない生ぶ品、この度、特別保存鑑定が付きました。 
















商品番号:M-576 脇差し 上総介藤原兼重  特別保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥1,280,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年9月号
(8
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ