刀 武州住藤原助炎作
(ぶしゅうじゅうふじわらのすけえんつくる)


Katana:Busyuju Fujiwarano Sukeen



新刀・武蔵 江戸前期
軍刀拵え入り




刃長:70.0(二尺三寸一分) 反り:1.0 元幅:3.14
先幅:2.21 元重ね:0.72 先重ね:0.51 穴2




 鎬造り、鎬庵棟尋常、中切っ先。 鍛え、板目、杢目が良く働き、地景が繁く入り、地沸厚く付き、地鉄良好。 刃文、直湾れ調で、刃縁に細かなほつれ、二重刃風の沸筋掛かり、刃中所々太い金筋走り、匂い口明るく冴える。 帽子、直調で掃き掛け長く返る。 茎磨り上げ、先切り、鑢鷹の羽。 銅に金鍍金ハバキ。 時代研磨。 
 陸軍九八式軍刀拵え(全長・100、柄・24.5 国防色糸巻き 総金具、真鍮地茶塗り桜図 目貫、真鍮地金色絵桜図 鐔、真鍮地葵形桜図透かし 切羽五枚 鞘、木製革巻き一鐶吊り 刀緒欠)付き。



【コメント】
 本作は二寸程磨り上げながら寸法二尺三寸一分、反りやや浅めに付いた寛文新刀、地刃の研ぎ減りを全く感じない程健全です。
 板目、杢目が良く働いた地鉄は、地景が繁く入り、直湾れ調の焼き刃は、刃縁に細かなほつれ、二重刃風の沸筋掛かり、刃中所々太い金筋走り、匂い口も明るく冴えています。
 助炎は銘鑑漏れの刀工ですが、茎に鷹の羽鑢が残っていますので新刀美濃系鍛冶、中でも関七流善定派の刀工と考えられます。同派出身の刀工に武州住藤原助隣(ちか)がいますので、おそらく同族の刀工ではないでしょうか。同派の刀工は、江戸期に入って関東へ移っている者が多く、後に水戸藩工になった越前守吉門、武蔵守吉門(後の卜伝)兄弟も同派の出身です。
 決して派手な出来ではなく、磨り上がっていますが、地刃の鍛えが良く、すこぶる健全で寸法も充分、銘も全く問題ありません。銘振りも貴重ですので、特別保存まで付いても何ら不思議ではありません。それ位気持ちの良い刀です。
 外装は昭和十三年~十八年製の陸軍九八式、鞘は鉄、アルミではなく、革巻き木鞘ですので最末期型になります。
 関善定派出身の武州助炎、銘鑑の欠を補う希少な現存作です。
















【売約済】商品番号:M-593 刀 武州住藤原助炎作 軍刀拵え入り

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年9月号
(8
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ