刀 (折返銘)濃州関住兼氏
(のうしゅうせきじゅうかねうじ)


Katana:(Orikaeshimei)NosyusekijuKaneuji



古刀・美濃 室町末期
拵え付き
保存刀剣鑑定書付き




刃長:70.6(二尺三寸三分) 反り:2.0 元幅:3.42
先幅:3.01 元重ね:0.83 先重ね:0.57 穴2




 鎬造り、鎬高く庵棟尋常、大切っ先。 鍛え、板目肌流れ心に上品に肌立ち、僅かに白け心あり、地沸良く付き、地鉄良好。 刃文、湾れ乱れ調で、刃沸良く付き匂い深く、所々ほつれ掛かり、刃中葉、小足入り、匂い口明るく締まり気味となる。 帽子、刃文のまま湾れ込んで、先地蔵風に掃き掛け返る。 茎折り返し、鑢切り。 銅ハバキ(龍と瑞雲を彫る)。 時代研磨(切っ先等に細かなアタリ、ヒケ有り)。 白鞘入り。 打ち刀拵え(現代作 全長101.5センチ 柄長24.5センチ 鞘 黒の呂鞘(鯉口付近に傷みあり)下げ緒利休茶に小豆色 柄 鮫に裏革鉄紺柄巻き 縁頭、四分一地据紋象嵌色絵、勝虫図 目貫、銀地容彫金色絵、龍図 鍔 鉄地木瓜形、真鍮据紋象嵌、唐草図)付き。  



【コメント】
 兼氏と言えば、『正宗十哲』の一人である志津三郎兼氏、師正宗に最も近似した作風を示し、美濃伝の基礎を築いた初祖としても名高い名工です。元々大和手掻鍛冶であった包氏が、鎌倉最末期頃に美濃に移住して兼氏と改めたのが始まりで、その伝統を継承した門人達は大和志津、直江志津と呼ばれ、兼氏の名跡も幕末まで続いています。
本工は後代兼氏、鑑定書にも『時代室町末期』とあることから、永禄から天正頃の作と鑑せられます。 現在は折返銘となっていますが、寸法二尺三寸三分、14㎝弱の大切っ先、鎬地の肉を棟に掛けて落としていますので、鎬もすこぶる高く、元幅3.42㎝、先幅も3.01㎝の堂々たる造り込み、銘の位置からして五寸程磨り上がっていますので、元来は二尺八寸以上あったことが分かります。
初代兼氏の重要文化財指定の在銘品にも同様の作が残されていますが、正に南北朝盛期の大太刀姿を狙った意欲作です。 
板目肌が流れ心に上品に肌立ち、僅かに白け心のある地鉄、湾れ乱れ調で匂い口明るく締まり気味の焼き刃、帽子も地蔵風となるなど、この期の美濃物の典型とも言える出来映えです。
拵え付きでハバキにも龍と瑞雲を彫るなど見所多く、古刀でこの姿、加えて在銘品、地刃健やか、銘も二字銘ではなく、長銘で切っています。
これは狙い目の志津三郎兼氏写しの会心作です。
















商品番号:M-648 刀 (折返銘)濃州関住兼氏 保存刀剣鑑定書付き 拵え付き

価格: ¥1,250,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年11月号
(10
/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ