刀 銘 和泉守藤原国貞(井上真改代作代銘)
(いずみのかみふじわらのくにさだ)


Katana:IzuminokamiFijiwaraKunisada



新刀・摂津 江戸前期 最上作
特別保存刀剣鑑定書付き
探山先生鞘書き有




刃長:69.1(二尺二寸八分強) 反り:1.2 元幅:3.18
先幅:2.06 元重ね:0.69 先重ね:0.47 穴1




 鎬造り、鎬高め庵棟尋常、中切っ先やや詰まる。 鍛え、板目肌総体的に良く詰み、細かな地景入り、地沸厚く付き、地鉄良好。 刃文、互の目乱れを主体とし、湾れ、小互の目、頭の丸い互の目を交じえ、刃縁の沸匂い深く、匂い口明るく冴える。 帽子、直調で焼き深く、沸匂い厚く付き、先掃き掛け返る。 茎生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢大筋違い。 銅に銀鍍金二重ハバキ。 時代研磨(小サビ有り)。 白鞘入り。



【コメント】
 井上真改は、八郎兵衛と称し、寛永七年(一六三〇年)、初代国貞の次男として生まれました。新刀最上作、重要文化財二口、重要美術品五口を数え、世上『大坂正宗』と呼ばれた大坂新刀鍛冶の最高峰です。
真改の銘振りは、『和泉守藤原国貞』、『和泉守国貞』、『井上和泉守国貞』、『井上真改』の四つに大別されます。
慶安五年(一六五二年)に初代が没するまでが『和泉守藤原国貞』銘、いわゆる代作代銘時期に当たります。
初代の没後、承応二年(一六五三年)頃からは『和泉守国貞』銘、 万治四年(一六六一年)頃からは『井上和泉守国貞』銘となり、裏に『菊紋』を切るようになります。
寛文十二年八月(一六七二年)からは『井上真改』銘となり、天和二年十一月(一六八二年)に五十三歳で没しています。
作風は、良く練られた美しい小板目、板目肌に、時折流れ柾の交じる地鉄を基本として、上品に肌立つものと、沈み勝ちに梨子地の如く詰んだものがあります。
刃文は、中直刃調に互の目、湾れを交えたものを基本とし、最初期作に於いては、親国貞風の頭の丸い互の目乱れを主調とした作、『井上和泉守国貞』銘となった寛文の初め頃からは、互の目乱れに湾れ交じりの作、寛文七、八年頃からは、同工特有の広直刃調で匂い口の深い焼き刃が見られるようになります。 本作は探山先生の鞘書き、その銘振りからも分かるように、井上真改が父の代作代銘を行った貴重な一振り、慶安年間(一六四八~五二年)、真改二十歳前後の作になります。
寸法二尺二寸八分強、反りやや浅く、切っ先詰まり気味となった寛文新刀スタイルです。
互の目乱れを主体とした刃文で、湾れ、小互の目、頭の丸い互の目を交えて華やかに焼いており、出来は如何にも初代風を踏襲した地刃健全な逸品です。
同工最初期の代作代銘とは言え、鞘書きにも『出来宜しく、この期の代表的な優品也。』とあるように、この刃縁の明るさと冴えは流石、後の大成を確信させるものがあります。
登録証は昨年十二月、鑑定は今年三月に取得したばかりの激生ぶ品、世上『大坂正宗』と呼ばれた井上真改の類い希なる力量が存分に示された一振りです。


















商品番号:M-653 刀 和泉守藤原国貞(井上真改代作代銘) 最上作 特別保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥2,500,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2019年10月号
(9
/20発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ