刀 左吉貞(無銘)
(さのよしさだ)


Katana:Sano Yoshisada



古刀・筑前 南北朝中期
保存刀剣鑑定書付き




刃長:68.9(二尺二寸七分強) 反り:1.5 元幅:2.98
先幅:2.06 元重ね:0.67 先重ね:0.45 穴4




 鎬造り、鎬高く丸棟低い。 鍛え、鉄にやや黒みがあり、小板目交じりの板目が流れ心に肌立ち、沸映り立ち、地沸厚く付き、地鉄良好。 刃文、湾れ乱れ調で、小互の目、小乱れを交え、刃縁沸付いて匂い深く、湯走り、ほつれ、刃中金筋、砂流し掛かり、匂い口は潤み勝ちに明るい。 帽子、湾れ調で沸付き、先掃き掛けて焼詰め風。 茎大磨り上げ、先切り、鑢切り。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨(僅かにヒケ有り)。 白鞘入り。  



【コメント】
 筑前国には南北朝初期、『正宗十哲』の一人である左文字が登場し、それまでの古典的な九州物の作風を打破する相州伝の作風を確立しました。その門弟達も師風を受け継ぎ大いに栄え、一門には、安吉、吉貞、行弘、国弘、弘行、弘安、貞吉、吉弘、定行などがおり、これらを総称して『末左』と呼んでいます。
 その作風は、湾れに互の目交じりの刃を基調とし、刃中金筋、砂流し、刃縁にほつれ、喰い違い刃、沸崩れ、鍛えは板目に杢目、流れ肌が肌立ち、地景が繁く入るなど、地刃の沸の強さが一際目立ち、帽子の先は尖り心を基本とします。
 無銘『末左』の極めに関して、近年の審査では、『末左』のみとはせず、その作風によって差別化をし、出来るだけ個銘まで入れる傾向があります。例えば、地刃に備前気質が見られるものには安吉、最も盛んに乱れたものには国弘、特に互の目が目立つものには弘安、直刃基調で小互の目、小丁子の目立つものには弘行、乱れが小模様になるものには吉貞、穏やかな直刃調のものには貞吉などが挙げられます。
 本作は無銘ながら『左吉貞』と極められた一振り、寸法二尺二寸七分強、鎬高いしなやかなスタイルです。
 吉貞は、大左の子と伝えられる同派の代表工、唯一製作年代の分かるものとして、正平十三年紀(一三五八年)のある平脇差し(特別重要)が残されています。
 銘は『吉貞』、『吉貞作』とのみ切り、『左』を冠したもの、『筑州住』と添えた銘は未見です。また在銘品はほぼ短刀、平脇差しのみであり、太刀は特別重要指定の一振りを含む二振りのみとされています。
 作風は、前述のように、左一類にあって焼き刃を低く抑えた穏やかな刃を本位としており、特に特別重要の太刀は、吉貞極めの拠り所となる程の典型作とされています。
 本作は地鉄にやや黒みがあり、小板目交じりの板目が流れ心に肌立って、沸映り立ち、湾れ乱れ調の穏やかな刃取りで小互の目、小乱れを交えて刃文は、刃縁沸付いて匂い深く、湯走り、ほつれ、刃中金筋、砂流し掛かって、匂い口潤み勝ちに明るい出来を示しています。
 多少の研ぎ減り、地の緩みもありますが、左一類の見所である地刃の沸の強さと吉貞の特徴を良く示した佳品です。














商品番号:M-775 刀 左吉貞(無銘) 保存刀剣鑑定書付き 

価格: ¥650,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2020年新年号
(12
/20発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ