刀 興亜一心満鉄作
(こうあいっしんまんてつつくる)
昭和癸未春(昭和十八年)


Katana:Kouaisshin Mantetsu



現代・満州国 軍刀拵え入り



刃長:67.0(二尺二寸一分) 反り:1.7 元幅:3.16
先幅:2.06 元重ね:0.74 先重ね:0.53 穴1




 鎬造り、鎬高め庵棟低め、中切っ先詰まる。 鍛え、小板目肌沈み勝ちに良く詰み、地色明るく、地沸良く付き、地鉄精良。 刃文、直刃で刃縁匂い勝ちに小沸付き、匂い口潤むように明るい。 帽子、直調で先大丸風に僅かに返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢化粧筋違い。 銅ハバキ。 時代研磨(錆、ヒケ、曇り有り)。
 九八式陸軍軍刀拵え(全長97 柄23 茶糸巻き 総金具、真鍮地金鍍金桜図 鐔、真鍮地透かし葵形桜図 切羽、四枚で葵型大切羽、縦刻みが各二枚ずつ 鞘、鉄地国防色塗り 猿手、真鍮丸棒 下げ緒、欠)入り。



【コメント】
 満鉄刀は、正式名称『興亜一心刀』、当時の近代科学を駆使した日本刀で、従来の日本刀を凌駕する性能を持ちながら、安定的な品質で、且つ大量生産を可能にした点は大きな功績です。『興亜一心』とは、アジアの国々が心を一つにして、アジアを勢い付けて行こうという当時のスローガン的な言葉です。
 昭和六年、満洲事変の勃発により、軍刀の在庫が極端に減少した為、昭和八年、靖国神社に日本刀鍛錬会が設立されました。これがいわゆる靖国刀です。しかし更なる大量の軍刀需要に備えるため、これまでの伝統的鍛錬法では非効率であり、耐サビ、耐寒性能の低さも指摘されていたため、それらを補う新たな日本刀が待望されました。
 昭和十二年、遂に南満州鉄道(株)中央研究所の日下博士を筆頭とするチームが、満州産富鉄鋼を使用した新日本刀の製作を開始しました。皮鉄用の硬い丸棒にドリルで孔を空け、心鉄用丸棒を挿入、それを機械ハンマーで鍛接、鍛造して電気炉で焼入れをするという新造刀法を考案したのです。
 斬れ味、耐久性、耐寒性を重視して古刀のしなやかさと粘りを研究、硬度目標としたのは妖刀村正でした。近代科学の力を駆使して、温度を自由に制御する加熱炉で思い通りの硬度に仕上げた結果、『折れず曲がらず良く斬れる』高性能な刀、満鉄刀が誕生したのです。
 昭和十三年から本格的な生産が始まり、同十九年まで続きました。ちなみに材料は、あくまでも満州産の鋼を精錬した純鉄であって、鉄道レール鋼材で造られたものではありません。しかし伝統的鍛錬法と材料を使用していない満鉄刀は、戦後間もない日本では、粗悪刀の範疇で括られることもありましたが、現在では如何に高性能であるかが認知された結果、人気沸騰、相場も跳ね上がりました。
 本作は昭和十八年作の真面目な満鉄刀、沈み勝ちに詰んだ精良で明るい地鉄に、匂い勝ちで端正な直刃を焼いています。現状、サビ、ヒケ、曇りがありますが、 肥前忠吉と見紛う程の地刃の綺麗な刀です。
 古い登録証は、昭和二十六年の群馬県登録『八七六』号、茎棟には『二七六』の製造番号、外装は昭和十三年~十八年製の陸軍九八式、鉄鞘に茶革巻き、貴重な透かし鐔、四枚切羽で金具類の通し番号は『91』、ストッパーの掛かり悪く、金属製の丸棒猿手付きで刀緒は欠です。
 『折れず曲がらず良く斬れる』興亜一心満鉄刀、数に限りのある刀です。今回はオリジナル拵えも付いています。これを逃す手はありません。
















商品番号:M-784 刀 興亜一心満鉄作 軍刀拵え入り

価格: ¥500,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2020年新年号
(12
/20発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ