刀 兼元
(かねもと)


Katana:Kanemoto



古刀・美濃 室町末期
拵え付き




刃長:69.4(二尺二寸分) 反り:1.2 元幅:3.01
先幅:2.21 元重ね:0.67 先重ね:0.51 穴2




 鎬造り、鎬高く庵棟低い、中切っ先やや延び心。 鍛え、板目肌総体的に流れて肌立ち、ほのかに白け心あり、地沸厚く付き、地鉄良好。 刃文、尖り風小互の目乱れで、刃縁沸匂い良く付き、明るく締まり気味となる。 帽子、湾れ調で沸付き、僅かに返る。 茎磨り上げ、先切り、鑢鷹の羽。 木ハバキ。 時代研磨(小サビ、細かな刃アタリ有り)。 新白鞘入り。
 突兵拵え(明治期 全長99センチ 鞘 黒艶無し変わり石目塗り こじり、銀研磨地無模様 吊り金具、鯉口同 下げ緒茶色 柄 鮫に卯の花柄巻き、縁頭、銀研磨地無模様 目貫、銀地容彫、丸に下り藤家紋図 鍔 鉄地撫木瓜形無模様、銀覆輪 拵え専用銀ハバキ有り)付き。



【コメント】
 本作は一寸程磨り上がって寸法二尺二寸九分、刃縁締まり気味の尖り風小互の目乱れを焼き、鍛えも板目が流れ心に肌立つなど、如何にも関兼元らしい出来、地刃もしっかりしており、室町末期の作と鑑せられます。しかしながら、鑢目の鏨がやや荒く、銘のキレも悪いので保存鑑定は付かないかもしれません。
 外装が中々面白く、明治期の突兵風拵えで、外装専用の銀ハバキに『廿七八年役於根室因軍馬徴発功賜賞金故為記念購此剣』と刻まれています。『廿七八年役』とは、明治二十七~二十八年(一八九四~九五年)に掛けて行われた『日清戦争』のこと、当時根室に配属されていた屯田兵が、日清戦争参戦に当たって、牧場で軍馬訓練を行うため、民間の馬を軍馬訓練用に強制的に取り立てと云います。おそらくその対価として支払われた代金で購入した記念刀と思われます。
 縁金具には『大日本帝国二千五百十八年 熊谷義則造』とあります。皇紀二千五百十八年は、安政四年(一八五八)に当たります。熊谷義則は江戸末期の金工で、陸奥伊達郡(現福島県伊達市)出身、江戸に出て熊谷義之に師事、明治三年、七十一歳で没。
 元々拵え入りでしたが、前所有者の方が、ここ最近白鞘を新調してつなぎを入れています。何はともあれ珍品です。
















商品番号:M-802 刀 兼元 拵え付き

価格: ¥450,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2020年2月号
(1
/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ