脇差 播磨守金高
(はりまのかみかねたか)


Wakizashi:Harimanokami Kanetaka



新刀・美濃 江戸初期
拵え入り
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:35.8(一尺一寸八分強) 反り:0.4 元幅:2.81
元重ね:0.76 先重ね:0.52 穴1




 平造り、三つ棟低い。 鍛え、板目に柾流れ交じり、上品に肌立ち、地景良く入り、地沸厚く付き、地鉄良好。 刃文、湾れ乱れ調で小互の目、互の目、尖り風の刃を交え、刃縁沸匂い厚く付いてやや沈み勝ちとなり、金筋、砂流し掛かる。 帽子、湾れ込んで地蔵風となり、先掃き掛け長く返って棟寄りを焼き下げる。 茎生ぶ、先栗尻、鑢勝手下がり。 黒仕上げ銅二重ハバキ(被せ部分は銅に銀着せで剥がれ有り)。 時代研磨。  脇差拵え(江戸後期 全長61 鞘 黒に螺鈿散、笛鞘風刻み鞘 こじり、銀魚子地 栗型、赤銅地片切彫、渦巻き図 鯉口、赤銅魚子地 柄 鮫に金茶柄巻き 縁頭、銘直次、赤銅魚子地容彫、僅かに金色絵、群馬図 目貫、金龍図)入り。  



【コメント】
 慶長から寛永頃の美濃新刀鍛冶には優れた刀工が多く、中でも陸奥守大道、金高、三河守陳直(のぶなお)などが有名です。
 本工は播磨守金高、金高は関七流三阿弥兼則の系統、同銘異人があり、それぞれ豊後守、薩摩守、伊賀守等を受領しています。
 中でも播磨守は特に上手で、綺麗な地鉄に直調、湾れ調の刃を得意とし、短刀、平脇差しが多いため、尾張の相模守政常の作風とイメージが重なるかと思います。
 本作は慶長新刀姿を示した勇壮な平脇差、寸法一尺一寸八分強、流れ心の肌を交えた綺麗な板目が上品に肌立つ地鉄に、焼き幅広い湾れ乱れ調の刃文は、小互の目、互の目、尖り風の刃を交えています。
 刃中に細かな炭籠りが僅かにありますが、お洒落な時代外装、特別保存鑑定が付いた同工典型作です。














商品番号:M-871 脇差 播磨守金高 特別保存刀剣鑑定書付き 拵え入り

価格: ¥360,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2020年4月号
(3
/23発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ