刀 鞍馬関吉次(無銘)
(くらまぜきよしつぐ)


Katana:Kuramazeki Yoshitsugu



古刀・山城 室町後期
保存刀剣鑑定書付き




刃長:71.5(二尺三寸六分弱) 反り:2.4 元幅:3.06
先幅:2.17 元重ね:0.64 先重ね:0.50 穴1




 鎬造り、鎬高め庵棟低い、中切っ先。 表裏棒樋をハバキ下で掻き流す。 鍛え、板目肌流れ心に肌立ち、小板目肌を交えて、総体的に白け心あり、地沸厚く付き、地鉄良好。 刃文、小互の目乱れを主体に、小乱れ、尖り心の刃を交え、刃沸強く、刃中金筋、砂流し頻りに掛かり 沸裂け、沸崩れ状を呈し 細かな飛び焼き交じる。 帽子、小乱れて沸付き、先掃き掛け返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢大筋違い。 銅に銀着せハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 鞍馬関とは、室町中期から後期に掛けて、現在の京都市左京区鞍馬本町の鞍馬寺付近にて鍛刀した鍛冶集団の総称で、関鍛冶の一族と伝えられており、代表工には吉次、吉長、重次、吉定、吉久、吉重などがいます。
 作風は、板目に杢目を交えて肌立つ地鉄、互の目乱れ、湾れ、皆焼等の刃を焼き、倶利伽羅等の濃厚な彫り物を施した作もあります。平安城長吉、吉則などに似た作風で、言うなれば同時期の美濃物に相州伝、時に京物の上品さを加味したようなイメージかと思われます。
 本作は生ぶ無銘ながら、『鞍馬関吉次』と極められた貴重な逸品、寸法二尺三寸六分弱、京(輪)反りやや深めに付いた太刀風の姿、身幅もしっかりとした健全な一振りです。
 板目肌流れ心に肌立ち、小板目肌を交えて、総体的に白け心があり、小互の目乱れを主体にした焼き刃は、小乱れ、尖り心の刃を交え、刃沸強く、刃中金筋、砂流し頻りに掛かり、所々焼き刃の間隔が密に詰まって沸裂け、沸崩れ状を呈し、細かな飛び焼きを交じえています。樋中に少し鍛え等がありますが、他は特に問題ありません。
 戦国末期の京物現存品は貴重、中々雰囲気のある鞍馬関吉次です。












商品番号:M-996 刀 鞍馬関吉次(無銘) 保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥390,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2020年6月号
(5
/22発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ