太刀 (太刀銘)宗□(伝千手院)
(むね□(でん千手院))


Tachi:Mune□(Den Senjuin)



古刀・大和 鎌倉期
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:71.5(二尺三寸六分) 反り:2.0 元幅:2.76
先幅:1.65 元重ね:0.67 先重ね:0.39 穴2




 鎬造り、鎬高め庵棟低い、小切っ先。 鍛え、小板目肌良く詰み、所々板目が流れ心に肌立ち、沸映り立ち、地沸良く付き、地鉄良好。 刃文、湾れ互の目調の刃取りで、刃中小互の目、小乱れを交え、刃沸すこぶる強く、刃縁沸裂け、沸崩れ状を呈し、刃中金筋、砂流し掛かる。 帽子、直調で先掃き掛けて焼き詰め風となる。 茎生ぶ、先栗尻、鑢不明。 銅に金鍍金二重ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 千手院一派は、大和五派の中で最も歴史が古く、かつて若草山(現奈良県奈良市にある奈良公園東端に位置する山)の西山麓に千手谷と呼ばれた地があり、この付近に実在した僧院に属した一派であったことから、この呼び名が付いたとされます。古伝書などでは、平安後期とも云われる行信、重弘を初祖として挙げていますが、確実な在銘品は見つかっておらず、鎌倉初期になって『千手院』、『大和国住人重行』と銘のある在銘確実な太刀が見つかっています。以降南北朝期までが同派の最盛期に当たり、重永、行吉、行正、力直、定重、力王、国吉、義弘などの名工が輩出されました。また同派からは、鎌倉末期に龍門延吉一派、南北朝期には美濃赤坂千手院一派が分派して、それぞれ繁栄しています。
 作風は、造り込み、地鉄には大和物全般の特色を示しながら、焼き刃が細かに複雑に乱れるなど、大和物らしからぬ多彩な変化となるのが同派の最大の見所になっており、特に無銘極めの作には、こういった出来がまま見られます。
 本作は千手院鍛冶と伝わる生ぶ在銘太刀、『宗□』 下の字は判読出来ません。  寸法二尺三寸六分、腰反りでやや踏ん張りがありながら、先に行ってやや伏せ気味となって小切っ先になるなど、鎌倉前期を下らない典雅な太刀姿を示しています。
 銘鑑等で見ると、鎌倉初期に宗経、前期に宗弘、中期に宗末の名が挙がっていますが、それらには該当しない銘鑑漏れの刀工かもしれません。南北朝期には宗吉もいますが、時代が合わない感じがします。 
   小板目肌良く詰み、所々板目が流れ心に肌立ち、沸映り立つ地鉄、湾れ互の目調の刃取りで、刃中小互の目、小乱れを交えた焼き刃は、刃沸すこぶる強く、刃縁沸裂け、沸崩れ状を呈し、刃中金筋、砂流しが掛かっています。
 出来は紛れもなく千手院であり、しかも姿、古調な地刃からして、昔の極めで言う『古千手院』で間違いないと思われます。
 地刃に鍛え肌、総体的な研ぎ減りはありますが、鎌倉前期を下らないと鑑せられる千手院の在銘品は中々お目に掛かりません。大変貴重な一振りになるでしょう。
















商品番号:N-007 太刀 (太刀銘)宗□(伝千手院) 特別保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥2,300,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2020年6月号
(5
/22発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!



<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ