薙刀 嶋田住源義助
(しまだじゅうみなもとのよしすけ)


Naginata:Shimadaju Minamotono Yoshisuke



新刀・駿河 江戸前期 



刃長:40.8(一尺三寸五分弱) 反り:2.7 元幅:3.20 元重ね:0.76 穴1



薙刀造り、鎬高め三ッ棟低め。 表裏共に薙刀樋と添え樋をハバキ上で丸留める。 鍛え、小板目肌やや沈み勝ちに良く詰み、総体的に白け心があり、地沸付き、地鉄良好。 刃文、やや尖り風の互の目丁子乱れを主体に、多種の刃を交え、刃縁沸付いて明るく締まり、細かな飛び焼きを交えて、刃中金筋、砂流し掛かる。 帽子、湾れ調で沸付き、先掃き掛け長く返り、棟寄りと棟に断続的な焼き入る。 茎生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢切り(下半は檜垣風となる)。 赤銅ハバキ。 時代研磨。 新白鞘入り。



【コメント】
 駿河国島田一派は、義助と弟助宗が棟梁格であり、義助は天下三名槍『お手杵(てぎね)』の作者、助宗は『おそらく短刀』の作者としても名高い名工です。
 また同派は末相州、武州下原、伊勢千子、美濃関一派との交流が深く、作風もそれぞれの流派に近いもの、またこれらが融合されたような作が多く見られます。
 義助は初代を康正、二代を明応、三代を天文、四代を天正頃として、以後同銘が江戸期まで十一代に渡りますが、本作は地刃の雰囲気、『源』を冠した銘振り等からして新刀義助、江戸前期を下らない作と鑑せられます。明確な代別は難しいですが、五、六代辺りでしょうか。
 白け心のある沈み勝ちに詰んだ綺麗な地鉄、やや尖り風の互の目丁子乱れを主体とした刃文は、多種の刃を交え、刃縁沸付いて明るく締まり、細かな飛び焼き、棟焼きを交えて、刃中金筋、砂流しが掛かっています。
 大きな疵もなく、生ぶ品で現状未鑑定ですが、銘は全く問題ありません。
 覇気溢れる出来映えを示した新刀義助の自信作です。












【売約済】商品番号:N-129 薙刀 嶋田住源義助

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2020年10月号
(9
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ