刀 (太刀銘)浄雲斎羽山円真造之
(じょううんさいはやまえんしんこれをつくる)
明治四十一年二月日


Katana:Jounsai Hayama Enshin



現代・東京
保存刀剣鑑定書付き




刃長:67.7(二尺二寸三分強) 反り:1.6 元幅:3.09
先幅:2.28 元重ね:0.58 先重ね:0.43 穴4(内1忍)




鎬造り、鎬尋常丸棟低い、中切っ先鋭角に延びる。 鍛え、小板目肌沈み勝ちに良く詰み、総体的に白け心があり、地沸付き、地鉄概ね精良。 刃文、湾れ乱れ調で、刃縁沸匂い良く付き、潤み勝ちに明るく、刃中葉、小互の目足入る。 帽子、湾れ調で先小丸に返る。 茎生ぶ(雉子股形)、先栗尻、鑢筋違い。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 羽山円真は、弘化二年生まれ、鈴木正覚と言い、尾張三河吉田藩(現在の愛知県豊橋市)の藩士で、後に刀工に転じ、源清麿門人の鈴木正雄に学び、浄雲斎と号しました。東京都台東区谷中に住して、明治、大正と活躍、洋鉄使いの達人とも評されます。大正九年、七十五歳没。
 本作は明治四十一年、同工六十四歳の頃に当たる円熟期の作、寸法二尺二寸三分強、丸棟の造り込み、切っ先鋭角に延び、雉子股(きじもも)茎のスタイルを示した優美で上品な太刀風の逸品です。
 小板目が沈み勝ちに詰んだ精良な地鉄は、総体的に白け映り立ち、湾れ乱れ調の刃文は、刃縁沸匂い良く付いて潤み勝ちに明るく、刃中葉、小互の目足が入っています。
 この地刃の雰囲気は、如何にも円真らしい典型的な作域を示しています。特に鉄鍛えの巧みさに於いては、清麿系門人中の最右翼と評される所以がここにあります。
 穴が四つありますが、一番上が生ぶ穴、一番下は控え目釘、残りは最初から意図的に開けられた飾りの目釘穴です。
 羽山円真の真骨頂とも言える地刃の出来を示した佳品です。
















【売約済】商品番号:N-244 刀 (太刀銘)浄雲斎羽山円真造之 明治四十一年二月日 保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2020年10月号
(9
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ