短刀 於東京羽澤源胤明造之(堀井胤明)
(とうきょうはねざわにおいてみなもとのたねあきこれをつくる)
大正元年壬子八月吉日(一九一二)


Tanto:Tokyo Hanezawa Minamotono Taneaki



現代・東京
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:29.0(九寸六分弱) 反り:0.1 元幅:2.70 元重ね:0.57 穴1



平造り、庵棟尋常。 表に『泰山一擲軽鴻毛』の文字、うらに護摩箸の彫り。 鍛え、小板目肌やや沈み勝ち詰み、所々肌立ち、地沸良く付き、地鉄良好。 刃文、互の目丁子乱れを主体として総体的に逆掛かり、刃縁匂い勝ちに小沸付いて明るく締まり気味となり、刃中丁子足、葉入る。 帽子、湾れ込んで先小丸に返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢化粧筋違い。 木ハバキ。 時代研磨(小サビ、ヒケ有り)。 白鞘入り。



【コメント】
 胤明は嘉永五年(一八五二年)、近江国石山(現大津市)に生まれ、後に月山貞吉、大慶直胤門人であった堀井胤吉の養子となり、堀井家の二代目を継ぎました。三笠短刀でお馴染みの堀井俊秀(秀明)の義父で、明治、大正と活躍した名工です。明治三十六年、義父胤吉の逝去に伴って『宮内省御用鍛冶』を拝命、晩年の大正七年には、養子の俊秀と共に北海道室蘭の日本製鋼所に招かれました。同十二年、七十三歳没。
本作は同工の真骨頂でもある備前伝の優品、総体的に逆掛かった互の目丁子乱れを匂い深く華やかに焼いています。
 刀身に刻まれた『泰山一擲軽鴻毛』は、中国の詩人李白の詩の一節、『泰山(たいざん)』は、中国の山の名前で極めて重いものの例え、『一擲(いってき)』は、一度に全てを投げ捨てること、『鴻毛(こうもう)』は、水鳥の毛、極めて軽いものの例えです。『泰山鴻毛』という言葉もあるように、極めて重いものと、極めて軽いものとを対比し、命の尊さ、死生観などを論ずる際に引用されます。
 ビシッと研ぎを仕上げて、ハバキを新調するのも良いでしょう。
 『宮内省御用鍛冶』堀井胤明の貴重な典型作優品です。








【売約済】商品番号:N-255 短刀 於東京羽澤源胤明造之(堀井胤明) 大正元年壬子八月吉日(一九一二) 特別保存刀剣鑑定書付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2020年10月号
(9
/25発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ