刀 筑州住宗弘作
(ちくしゅうじゅうむねひろつくる)
昭和五十七年二月吉日


Katana:Chikusyuju Munehiro



現代・福岡 拵え入り



刃長:73.1(二尺四寸一分強) 反り:1.8 元幅:3.32
先幅:2.24 元重ね:0.66 先重ね:0.50 穴1




鎬造り、鎬やや高め庵棟尋常、中切っ先。 表裏棒樋をハバキ上で丸留める。 鍛え、小板目肌所々流れ心に良く詰み、地沸微塵に厚く付き、地景繁く入り、地鉄概ね精良。 刃文、互の目乱れを主体とし、小互の目、大乱れを交え、刃縁良く付いて匂い深く、明るく締まり気味となり、刃中所々金筋、砂流し烈しく掛かって沸裂け、沸崩れ状を呈する。 帽子、乱れ込んで先やや尖り心に掃き掛け返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢筋違い。 銀に金鍍金二重ハバキ。 時代研磨(小サビ、ヒケ有り)。 
打ち刀拵え(現代作 全長103.5センチ 柄長24.5センチ 鞘 焦げ茶に黒の石目鞘 下げ緒象牙色 こじり、鉄地 鯉口、栗型は黒塗り 柄 鮫に茶柄巻き 縁頭、こじりは鉄地に真鍮据え紋象嵌、紗綾形紋の同作 目貫、赤銅容彫色絵、弓槍の図 鍔 鉄地菊花形地透、梅枝図)入り。



【コメント】
 宗弘は、宗康弘と言い、『昭和の最上大業物』小宮四郎国光の門人で、無鑑査宗勉の父に当たります。本作は最晩年の頃の作になるかと思われます。
 本作は寸法二尺四寸一分強、地沸微塵に厚く付き、地景繁く入った精良な地鉄、互の目乱れを主体とし、小互の目、大乱れを交えた刃文は、刃縁明るく締まり気味となり、刃中所々金筋、砂流しが烈しく掛かって沸裂け、沸崩れ状を呈するなど、清麿の真骨頂である志津風の作域を遺憾なく示した優品です。
 宗一門の作で、本作のように一見して地刃の鍛えが良いものは、東北産の良質な古鉄を使用して鍛刀しているそうです。研ぎ師によると、砥石の当たりが現代刀とは思えない程柔らかく、まるで古刀のようだと言い、斬れ味も抜群だそうです。
 本作は寸法、身幅充分ですが、重ねをやや薄めに仕立て、樋を入れていますので、鞘を払って924gと絶妙な振り易さです。 
 最高級居合い刀として、即使用出来ますが、出来が良いので鑑賞用でお楽しみ頂きたい素晴らしい清麿写しです。














【売約済】商品番号:N-273 刀 筑州住宗弘作 昭和五十七年二月吉日 拵え入り

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2020年10月号
(10
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ