刀 筑州山王住宗勉宗重合作
(ちくしゅうさんのうじゅうそうつとむむねしげがっさく)
平成久(九)年五月吉日


Katana:Chikusyu Sannouju Sou Tsutomu Muneshige



現代・福岡
無鑑査刀匠




刃長:75.4(二尺四寸九分弱) 反り:1.9 元幅:3.47
先幅:2.61 元重ね:0.75 先重ね:0.53 穴1




鎬造り、鎬高く庵棟尋常、中切っ先。 鍛え、小板目肌良く詰み、地沸微塵に厚く付き、細かな地景をふんだんに配し、地鉄概ね精良。 刃文、互の目乱れを主体に、やや腰開きに濤瀾風となって一部丸い玉を焼き、刃縁小沸良く付き、匂い一際深く明るく冴える。 帽子、直調で焼き深く、先小丸風に返る。 茎生ぶ、先入山形、鑢化粧筋違い。 銅に金着せ二重ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。



【コメント】
 宗勉は、本名を勝と言い、昭和二年生まれ、福岡市博多区山王に住しました。昭和二十一年から、父の宗康弘(宗弘)に師事し、昭和三十年には、新作名刀展に初出品、その後薫山賞など数多くの特賞を受賞し、平成二年に無鑑査の認定を受けました。平成二十七年二月、八十八歳没。
 門下には、子の兼好、昌親(無鑑査)兄弟らがおり、その技を継承し、現在も活躍しています。
 また平成に入ってからの宗一門は、業物刀『笹露』を現代に復活させたことで、一躍有名になりました。
 作風は、各伝法をこなしますが、特に相州伝、相伝備前を得意とし、古刀では長義、大志津、左文字、新刀では虎徹の数珠刃、助廣の濤瀾刃、新々刀では清麿写しを得意とします。
 本作は平成九年、同工七十歳の頃の作、助廣の濤瀾刃写しの会心作です。
 宗重との合作になっていますが、宗重は勉の門人で古城(こしろ)重昭と言います。
 寸法二尺四寸九分弱、元先身幅ガシッとして、手持ちズシッとくる重量感、刀身のみで1,022g、白鞘に入れて1,434gあります。
 小板目が微塵に敷き詰められ、地景が繁く入った強靱な地鉄、互の目乱れを主体とした刃文は、やや腰開きに濤瀾風となって一部丸い玉を焼き、刃縁の匂い一際深く明るく冴え渡るなど、茎仕立て、鑢目まで本歌に忠実に再現しています。
 現代刀識者の方に伺ったところによると、現代刀らしからぬ地刃の出来を可能にしているのは、一門が昭和五十年代頃から使用し始めた東北産の良質な古鉄だそうです。本作のような出来の場合は、間違いなくその古鉄が入っています。
 また抜刀をされる方々に伺うと、『宗一門の刀はとにかく良く斬れる。』と皆さん口を揃えて仰います。
 硬軟、新旧の鋼材を絶妙なバランスで配合した現代最強の斬れ味を誇る一振り、円熟期の類い希なる技量を存分に示した渾身の助廣写し、見事です。














【売約済】商品番号:N-304 刀 筑州山王住宗勉宗重合作 平成久(九)年五月吉日 無鑑査刀匠

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2020年10月号
(10
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ