脇差し (刀身に)やきたちは さやにをさめて ますらをの
こころますます とくへかりけり
正三位有功造并詠
(しょうさんみありことつくるあわせてよむ)


Wakizashi:Syosanmi Arikoto



新々刀・山城 江戸後期
拵え付き(特別貴重)
保存刀剣鑑定書付き




刃長:41.2(一尺三寸六分弱) 反り:1.1 元幅:2.49
先幅:1.51 元重ね:0.58 先重ね:0.39 穴1




鎬造り、鎬高め庵棟低め、中切っ先。 表裏に短歌と刀身銘有り。 鍛え、詰んだ小板目に流れ肌交じり、総体的に白け心があり、地沸厚く付き、地鉄良好。 刃文、細直刃湾れ調で、僅かにほつれを交え、刃縁明るく締まり気味となる。 帽子、直調で先掃き掛け小丸に返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢浅い勝手下がり。 銅に金鍍金ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
脇差拵え(江戸後期 全長59 鞘 焦げ茶の笛塗り風刻み鞘 こじり、鯉口は角で割れ有り 栗型、赤銅魚子地据紋象嵌色絵、鐘と鐘叩きの図 下げ緒、黒 小柄、赤銅魚子地据紋象嵌色絵、雲松鶴の図 柄 堅木柄 縁頭、四分一研磨地据紋象嵌色絵、舟に漁師の図 目貫、赤銅色絵に毛彫、筆に短冊、菊の葉図 鍔 赤銅魚子地喰出形、耳に据紋金象嵌龍図)付き。



【コメント】
 正三位有功(しょうさんみありこと)こと千種有功は、寛政八年、千種有条(ありえだ)の次男として生まれました。千種家は、京で江戸初期から代々続く公卿(くぎょう)家系で、有功は同家八代目当主、天保三年、正三位に叙されました。公卿とは、朝廷に仕えた公家の中でも、主に位が三位以上の者、言うなれば、公家の最高幹部です。また歌人としても名高く、千々迺(ちぢのや)、鶯蛙園(おうけいえん)、在琴(ありこと)などと号しました。
 刀剣もこよなく愛した人物で、収集のみに飽き足らず、自ら鍛刀も行いました。山城の名工、南海太郎朝尊などに学び、皇室御剣の製作にも当たったと云います。
 作品は天保から嘉永頃まで残されていますが、鍛刀はあくまで余技であったため、現存数は少なく、刀身に『やきたちは さやにをさめて ますらをの こころますます とくへかりけり 正三位有功造并詠』と陰刻した、いわゆる『刀身銘』が同工の代名詞となっています。嘉永七年、五十九歳にて没。
 本作は正にその代表作、表裏に刻まれた和歌は、『武人たる者、太刀は鞘に収めて、心を益々磨くべきではなかったのだろうか。』の意、精神鍛錬の必要性を詠った歌で、何事にも屈しない強靱な精神力こそ、最強の武器であると有功は詠っています。
 世にも稀な公卿鍛冶、千種正三位有功の代表作、時代の良い外装付き、これは見逃せない逸品です。




















商品番号:N-312 脇差し (刀身に)やきたちは さやにをさめて ますらをの こころますます とくへかりけり 正三位有功造并詠 保存刀剣鑑定書付き 拵え付き(特別貴重)

価格: ¥300,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2020年10月号
(10
/21発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ