刀 九州肥後同田貫上野介
(きゅうしゅうひごどうたぬきこうずけのすけ)


Katana:Kyusyu Higo Doutanuki Kouzukenosuke



古刀・肥後 安土桃山期 拵え付き
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:70.8(二尺三寸四分弱) 反り:2.0 元幅:3.34
先幅:2.57 元重ね:0.72 先重ね:0.52 穴2(内1忍)




 鎬造り、鎬庵棟高い、大切っ先で鋭角となる。 鍛え、大板目に杢目を交えて肌立ち、地沸厚く付き、地景をふんだんに配し、地鉄良好。 刃文、湾れ互の目調の刃取りで、小互の目、小乱れ、小丁子風の刃を交え、刃縁の沸強くやや沈み勝ちとなり、刃中小足、葉が間断なく入って、金筋、砂流し頻りに掛かる。 帽子、湾れ調で沸付いて大丸風となり、先掃き掛け返る。 茎生ぶ、先刃上がり栗尻、鑢切り。 銀ハバキ。 時代研磨。 白鞘入り。
 打ち刀拵え(近代作 全長101.5センチ 鞘 朱塗り、鯉口、栗型、こじりは黒塗り 下げ緒辛子色 柄 親鮫に金茶柄巻き 縁頭、赤銅魚子地高彫金色絵、菊に蟷螂の図 目貫、赤銅容彫色絵、菊枝図 鍔 鉄地葵形透真鍮象嵌 平安城象嵌、唐草図 素銅に金着せ切羽)付き。  



【コメント】
 同田貫一派は、肥後熊本の戦国武将、加藤清正の抱え工として、室町最末期から江戸初期に掛けて活躍した鍛冶集団で、肥後延寿派の末裔に当たります。
 特に『文禄・慶長の役』と呼ばれた朝鮮出兵に於ける一派の活躍は目覚ましく、明軍、朝鮮軍兵士は、同田貫刀の凄まじい斬れ味、破壊力に驚愕し、戦意を喪失したと云います。その伝説は現代に受け継がれ、今や『最強の実戦刀=同田貫』のイメージを不動のものとし、その人気に陰りなど微塵も見られません。
 そんな一派の棟梁として門下を率いたのが正国(上野介)、小山上野介信賀と言い、左馬介とも称し、初期は国勝とも名乗っています。後に加藤清正より『正』の字を賜り、正国と改めました。
 銘は『九州肥後同田貫藤原正国』、『九州肥後同田貫上野介』などと切りますが、大半は上野介銘になります。
 活躍期は天正から慶長末年頃まで、慶長十八年に没したと云います。
 本作は寸法二尺三寸四分弱、反りやや深め、大切っ先の豪快な一振りで、身幅広く、地刃健やか、典型的な慶長新刀スタイルを示しています。
 大板目に杢目を交えて肌立つ地鉄は、地景をふんだんに配し、湾れ互の目調の刃取りで、小互の目、小乱れ、小丁子風の刃を交えた焼き刃は、刃沸強く、やや沈み勝ちとなり、刃中小足、葉が間断なく入って、金筋、砂流し頻りに掛かっています。 
 本作はまま見受ける同田貫らしい野趣のある地刃の出来ではなく、鑑賞的にも大変見所の多い優品であり、且つ重量感と迫力を備えた会心作、真鍮地平安城象嵌鐔の付いた朱鞘拵え付属です。
 かつて清正より、『折れず曲がらず同田貫』、『兜割り正国』などの賛辞を送られた同田貫上野介が、一派の棟梁としての名に恥じない力量を存分に示した世界最強の実戦刀です。


















【売約済】商品番号:N-354 刀 九州肥後同田貫上野介 特別保存刀剣鑑定書付き 拵え付き

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2020年12月号
(11
/20発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ