脇差し 河内守源永国
(かわちのかみみなもとのながくに)
武州於江戸作之
(ぶしゅうえどにおいてこれをつくる)


Wakizashi:Kawachinokami Minamotono Nagakuni



新刀・江戸 江戸前期



刃長:45.5(一尺五寸) 反り:1.0 元幅:3.15
先幅:2.23 元重ね:0.76 先重ね:0.52 穴1




鎬造り、鎬高く庵棟尋常、中切っ先。 表裏共に棒樋をハバキ下で掻き流す。 鍛え、小板目肌やや沈み勝ちに良く詰み、所々板目が流れ心に肌立ち、地沸厚く付き、地鉄良好。 刃文、直調で僅かにほつれを交え、刃縁沸匂い深く明るく冴え、刃中小足、葉入る。 帽子、直調で先小丸に返る。 茎生ぶ、先栗尻、鑢大筋違い。 銅ハバキ。 時代研磨(小サビ、ヒケ、細かな刃アタリ有り)。 白鞘入り。  



【コメント】
 永国は越前の生まれとされますが、その出自に付いては不明な点が多く、その系統に付いても諸説あり、江戸法城寺一派、或いは大和守安定の門人とも伝えられています。
 綺麗な地鉄に長曽祢虎徹風の数珠刃風互の目乱れ、直調に互の目足入る出来を得意とする点は江戸法城寺、茎先が細くなる仕立て、出だし筋違いで徐々に深くなって大筋違いになる鑢目などは大和守安定と同様かと思います。
 本作は寸法一尺五寸、身幅ガシッとした勇壮な脇差し、やや沈み勝ちに詰んだ地鉄に、直調で僅かにほつれを交えた焼き刃は、刃縁の明るく冴え、刃中小足、葉が入っています。
現状未鑑定ですが、銘も全く問題なく、むしろ『武州於江戸作之』と添え銘のある『江戸打ち』の貴重な一振りです。
 正式な大小ではありませんが、頻繁に作を見る刀工ではありませんので、#475の刀とセットでお求め頂くのが良いかと思います。
 新免武蔵守藤原玄信(はるのぶ)こと宮本武蔵が、晩年、肥後国熊本城主細川忠利に、特別待遇の客分として招かれ、この地で完成させた兵法が『二天一流』であり、兵法書が『五輪書』です。その魂を継承した『二天一流』の後継者達が、その凄まじい斬れ味と刀の美しさに惚れ込んだ永国刀、是非この機会をお見逃しなく。














商品番号:N-476 脇差し 河内守源永国 武州於江戸作之

価格: ¥280,000 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2021年3月号
(2
/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ