短刀 備中国住次直(青江)
(びっちゅうのくにじゅうつぐなお)
文和二二年十月日(一三五五)


Tanto:Biccyunokuniju Tsugunao(Aoe)



古刀・備中 南北朝中期 良業物 拵え付き
特別保存刀剣鑑定書付き




刃長:23.8(七寸九分弱) 反り:僅か 元幅:2.37 元重ね:0.35 穴3



平造り、庵棟尋常。 鍛え、小板目に小杢目交じって良く詰み、所々流れ心に肌立ち、地沸微塵に厚く付いて地班状の映り立ち、細かな地景繁く入り、地鉄概ね精良、刃区下より水影立つ。 刃文、細直刃調で、刃縁匂い勝ちに小沸付き、やや沈み勝ちに締まる。 帽子、直調で先小丸に返る。 茎生ぶ(先を僅かに摘まむ)、先浅い栗尻、鑢大筋違い。 金無垢二重台附きハバキ(葵紋透かし入り)。 時代研磨。 白鞘入り。
合口拵え(近代作 全長39 鞘 黒の呂鞘に葵紋金蒔絵 下げ緒朱の蛸足 柄 鮫の出し鮫 縁頭黒の呂塗り 目貫、三双葵紋図 目釘、銀に金鍍金 拵え用ハバキ、銀に金鍍金、葵紋透の二重ハバキ)付き。  



【コメント】
 刀剣王国備前の地に隣接する備中国の地で、平安末期から室町期まで大いに栄えたのが青江派で、鎌倉中期頃までの作を『古青江』、それ以降南北朝末期までの作を『青江』と総称しています。
 代表工として、『古青江』では、後鳥羽院番鍛冶である貞次、恒次、次家を始めとして、守次、俊次、真次、助次、包次、『青江』では、次直、次吉、守次、吉次、直次らが代表工として挙げられ、そのほとんどが『次』の一字を通字としています。
 作風は、『古青江』は、刃沸強く、刃縁やや沈み勝ちの直刃に小乱れを交えた出来を主体としており、同時代の古備前に近い雰囲気があります。『青江』でも、鎌倉末期から南北朝初期頃までは、沸付きがやや穏やかになる程度ですが、南北朝中期になると、刃縁が締まって、明るく冴えた匂い勝ちの直刃や、特色ある逆丁子乱れの作風が見られるようになります。地鉄には、チリチリと杢目立った縮緬肌、黒く澄んだ肌合いの澄み鉄、段映り、地斑映り、筋映り等々、特徴ある働きが見られます。
 本作は青江次直の貴重な在銘短刀で、且つ文和四年(一三五五)年紀入りです。
 次直は吉次の子で、前述のようにこの頃の青江鍛冶の代表工であり、その代表作として、加賀前田家の御家(おいえ)名物として伝来し、現在は特別重要刀剣に指定されている短刀が有名です。
 『備中国住次直作 延文五年二月日(一三六〇)』と銘があり、『大青江』の号で呼ばれています。御家名物とは、享保名物帳等には所載されていない各大名家に伝わる名刀のことです。
 本作は寸法七寸九分弱、極僅かに反りの付いた上品な姿で、細直刃調の焼き刃は、刃縁匂い勝ちに小沸付き、やや沈み勝ちに締まり、小板目に小杢目を交えた精良な地鉄は、所々流れ心に肌立ち、地沸微塵に厚く付いて地班状の映り立ち、細かな地景繁く入り、刃区下より水影が立っています。
 総体的な研ぎ減りは多少ありますが、地刃に嫌な所がなく、上品に整った綺麗な短刀です。
 金無垢二重の台付きハバキはズシンと重く、葵紋透かしが入っています。前所有者からの情報では、紀州徳川家伝来品とのことですが、それを裏付ける確実な資料等は今のところありません。古い登録証は昭和二十六年の埼玉『二七八』号です。 
 付属の外装は、葵紋金蒔絵鞘合口拵え、拵え専用の銀に金鍍金二重ハバキ付属で、こちらも葵紋透かしが入っています。
 加賀前田家の御家名物『大青江』作者、青江次直の貴重な年紀入り短刀、見所満載の名品です。
















【売約済】 商品番号:N-502 短刀 備中国住次直(青江) 文和二二年十月日(一三五五) 特別保存刀剣鑑定書付き 拵え付き 

価格: ¥0 (税込)

返品についての詳細はこちら

お買いものガイド

月刊コレクション情報
2021年3月号
(2
/24発送)
会員の方のみご覧いただけます
月刊コレクション情報最新号の裏表紙に記載されているユーザー名とパスワードを入力して下さい。


見本誌請求(無料)はこちらから
最新情報をいち早くお届けいたします!


<ごあいさつ>

コレクション情報のホームページをご覧いただきありがとうございます!営業本部長の小牧です。お目当ての刀のお探しや、加工・製作のご相談など、なんでもお気軽にご連絡下さい!


(株)コレクション情報
〒500-8262
岐阜県岐阜市茜部本郷1-49
TEL.058-274-1960
FAX.058-273-7369

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 展示会

営業時間 9:00~18:00
FAX/メールは24時間受け付けております。

会社へお越しの際はご一報ください。

ページトップへ